MotoGP

アプリリア『イアンノーネ放出もあり得る』

『アプリリア:イアンノーネ放出もあり得る』

★2度目のドーピング検査も陽性となったアンドレア・イアンノーネ(アプリリアファクトリー)は、2月4日に『FIM(国際モーターサイクリズム連盟)』の国際懲戒裁判所の審理に出席することとなっている。

★イアンノーネ選手がセパンテスト(2/7〜9)に参加できる可能性は極めて低い。

★マッシモ・リヴォラ氏(アプリリア・レーシングCEO)が次のように話した。

食品から禁止物質を摂取してしまった可能性が高いようだが…】
「アンドレアは肉食ですからねぇ。『WADA(世界アンチ・ドーピング機関)』だって、アジアは加工肉が出回っていると言ってたじゃないですか。」

【チームメイトのエスパルガロ選手の体重が10kg減なため、昨シーズン、イアンノーネ選手はそれに合わせようと減量していたそうで…】
「かなり頑張って、6月までに6.5kg落としてました。ダイエットしなければならない時に、アナボリックステロイド(筋肉増強剤)なんて使うはずないだろうにね。」

【とにかく、活動停止処分は免れないわけで…】
「もし1〜2年も活動停止なんてことになるようなら、当然、(イアンノーネとアプリリアの)関係は終わってしまうでしょうね。」

★なお、3ヶ月程度の停止処分ならば、アプリリアはイアンノーネ選手を待つ姿勢である。

★イアンノーネ選手がカタールGP欠場となった場合、ブラッドリー・スミス(テストライダー)が代役となる模様。
また、セパンテストにはロレンツォ・サヴァドーリが2019版マシンで参加する模様。


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)


ロッシ&ハミルトン選手のマシン交換テストをアロンソ選手が批判したって話は有料閲覧『note』で!!

created by Rinker
¥1,188
(2020/02/24 14:47:53時点 楽天市場調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP