MotoGP

バニャイア『来年のチームメイトよ、対立するより協力してマシンを改善しよう』2022ドイツGP

『バニャイア:来年のチームメイトよ、対立するより協力してマシンを改善しよう』

★6月17日(金)、ドイツGPでフランチェスコ・バニャイア(ドゥカティファクトリー)がFP1で2位、FP2で首位を獲得した。FP総合も首位である。

★バニャイア選手のコメント。

【マシンにそれほど手を入れなくても、すぐに速い走りができるようになっているのでは?】
「すごく嬉しいです。金曜からこんなに良い動きができるのは、本当に久しぶりですから。これまでは作業が山積みって感じだったのに。
ここしばらくのことを思えば、今回は金曜セッションの中でも一番良い出来でしたね。FP1でトラックに出た瞬間から走りやすくって、(マシンは)リア側にほんのちょっと手を入れただけだし、これ以上は触る気もないんですよ。
タイヤは前後とも試してみたので、明日はリアをミディアムにして走り込んでみなければ。とにかく、今のところは好調なんで満足してます。
ザクセンリンクでこんなスタートを切れるなんて思ってもいなかったけど、でも、去年のレースでのポテンシャルを思えば、上手く始められるだろうとは思ってました。」

【ドゥカティにとって難関トラックで好調と言うのは、なかなか意義深いのでは?】
「ジャック(ミラー)とファクトリーチームを組んで以来、2人で大量の作業をこなし、作業方法や方向性を変えたりしたおかげでテクニカルなコースでも強い走りができるようになったんです。
新カウルのおかげでさらに一歩前進めたこともあり、ここで速い走りができるようになったんです。まぁ、トップスピードはちょっと落ちてしまったけど、操縦はしやすくなったんで。
今日はドゥカティ選手がたくさん上位に入ってたし、僕も良い感じだし。去年もここでは好調だったし、あらゆる面から見ても、高い戦闘力でいけそうなんですよね。
僕はタイヤのオーバーヒートを押さえて、上手く温存できるし、しっかり旋回しなければならない地点でも調子が良いし。」

【今のところ、貴方以外でペースが良い選手は?】
「クアルタラローですね…新タイヤでは苦戦してるけど、安定してるから。
あと、アレイシ・エスパルガロもです…1周タイムはそれほど伸びてはいないけど。ヴィニャーレスも好調だし…。
だいたい、この3人が安定しているように思えますね。」

【ドゥカティ勢の戦闘力が高いと言うことは、クアルタラロー選手のポイント獲得を阻むことができるのでは…?】
「まず、僕が一番前に出ないことにはねぇ。でも、容易じゃないから。
とにかく、今回のレースウィークエンドは出だしが好調なんで、あとは他の選手がどこまで迫ってくるか…ですよね。
明日は気温がかなり上がりそうだし、日曜日もそうでしょ。まぁ、通常、うちにとっては大きな問題ではないはずなんですが。
多分、気温が上がったら、フロントの選択はハードタイヤに傾いていくのかもね。」

【ところで、チームメイトにはどんな選手を希望してるの?】
「ジャックと良好関係なんで…2人での作業と言うのが、うちのマシン開発にはかなり重要なんですよ。これまで、かなり改善させてきてますからね。
来年、新しく入ってくる選手が、そう言うことを速攻で理解してくれると良いんですが…。チーム内で対立しても無意味なのだから、むしろ、さらなる改善を目指して協力した方が良いんですよ。
それでレースになったら、それぞれ自分のことを考えれば良いわけでね。」

【ナカガミ選手が謝罪している映像を観たが…一昔前の選手ならけっこう戦々恐々となるシーンなのに、貴方は実に穏やかで…】
「皆、賢い方なんで。過ぎたことを気に病んでも仕方がないじゃないですか。僕はけっこう素のまんまでしたよ…こう言う性格なんですよね。
怒ってもイライラするだけだし…そう言うのは、性に合わないんですよ。」

(参照サイト:『Moto.it』)
(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

バニャイアが「僕はドゥカティNo.1ライダーではない」って言った話しは、『2022 イタリアGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥1,724
(2022/08/13 00:37:46時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. としあき より:

    >チーム内で対立しても無意味なのだから、むしろ、さらなる改善を目指して協力した方が良いんですよ。
    ロッシ「…」

  2. 鯖通り より:

    果たして誰をイメージしているのでしょう
    マルティンかバスティアニーニか
    或いは…

  3. ロッシ より:

    こんな言葉を公言できるなんて時代が変わったもんだ

  4. POP84 より:

    候補に挙がってるのが同郷のイタリア人ばかりなので地元マスコミへの牽制もあるかもね。

  5. 田中 より:

    ペッコのこの発言は温厚な人間性を表してるし、
    これからチーム内対立は過去のものになる時代になっていくじゃないか?

    個人的にはジャックがドカティに留まってほしかってけど。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP