MotoGP

中上貴晶『ザルコはドゥカティの秘訣をもたらしてくれるかも…』2023 オーストリアGP

『ナカガミ:ザルコはドゥカティの秘訣をもたらしてくれるかも…』

★8月18〜20日、オーストリアGP モトGPクラスでタカアキ・ナカガミ(ホンダLCR)が予選19位、スプリントは転倒リタイア、決勝18位だった。なお、現在、総合17位に就いている(首位バニャイアとポイント217差)。

★ナカガミ選手のチームメイトであるアレックス・リンスが2023年末にヤマハファクトリーに移籍し、その後任として2024年からヨハン・ザルコが加入する。

★ナカガミ選手のコメント。

【来年はザルコ選手がチームメイトとなるが…】
「ヨハンのような経験豊かな選手の加入は良いことですよね…特に、今は模範機に乗ってるんだし。うちのマシンに乗った時の、ヨハンの戦闘力を検証するのは重要ですから。
なにを期待しているわけでもないけど…ホンダ選手の全員が同じ感触を口にし、対応に困っているのだから。意見が割れてるわけではなく、とにかく、何が機能していないかは明白で…問題点を解決していかなければならないんです。
僕としては、これまでやってきた通り、100%頑張っていくだけですから。」

【ザルコ選手については?】
「ホンダHRCにとって…もちろん、ホンダにとっても加入はポジティブなことですよ。ヨハンは強豪選手だし、常に高い戦闘力ですからね。
ここ4年間はドゥカティ機に乗っているから、なにかしらホンダに意見できるだろうし、もしかしたらちょっとした秘訣をもたらしてくれるかもね。
とにかく朗報だし、僕も本当に嬉しいです。同じチームで作業をする日が待ち遠しいですよ。
彼に勝つは難しいけど、でも、一緒にマシンを作り上げつつ、それが出来たら良いんですけどね。」

★なお、ナカガミ選手は自身の去就について、19日のスプリント終了後、次のように話した。

「現在、ホンダHRCと交渉中なんですが、(9月初めの)カタルーニャGPで決まるかどうかは分かりません。」

(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Motosprint』)
(Photo:Instagram

マルケスは職務怠慢?って話は、note『2023 ブリティッシュGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
宝島社
¥1,089
(2024/06/19 19:25:07時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. maxtu より:

    アイは怪我からコンディション上げるには時間がかかってるし、もう一年見送りかな
    なにより今のRCに乗換はリスクが伴うからナカガミ継続だろうね

  2. ががが より:

    中上が「何が機能していないかは明白」と言っているけど、それならすぐに解決できると思うけどどういうことだ?

  3. toshi より:

    マテリアル評価を指示されても
    クルージングしかやらないから実戦データが
    取れない上にリザルトもアレで出光か本田に
    身内コネ役員でも居るのか?な厚遇ぷらよ

  4. じす より:

    リンスと同じく開発に関われないまま2年がすぎるだろうな

  5. うに より:

    「何が機能していないかは明白」
    原因が分かるのと直すのは全く別ですから。

    機能していない部分があるとして、それをなおすには足回りに手を入れれば良いのか、フレームなのかエンジンなのか空力なのか。。

    今のホンダは全部なんだろうけど、どのようなバランスで手を入れるかは無限の組み合わせがあるわけで。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP