MotoGP

D.ペドロサ[本人ブログ]:ロッシを信じてはいけない

モトGP『激しい闘いとなる世界選手権が迫っている』




皆さん、こんにちは。

もの凄く激しいフィジカル・トレーニングの1週間を終えて、今、このブログを書いています。
先週、お伝えした通り、マレーシアではようやく自分の体調がどんなものなのかを確認し、現在、取り組むべきは肩の力を回復させることだと分かりました。

オフィシャルテストと言うのはマシンに乗るためだけではなく、フィジカル面での確認をするためにも役立ちます。今後、どんな風にトレーニングを進めるべきかが分かってきますよね。
と言うわけで、ここしばらくはトレーニング・プランに沿って進めてきたんですが、特に、肩に必要だけの力を取り戻すのに焦点を合わせてきました。

今はマシンで走ってみたくてウズウズしています。どんな感じがするのかもっと知りたいし、マシンに乗っての作業も進めたいです。
実を言えば、色々なサーキットで走ってみたくてウズウズしてるんですよ。マレーシアで良い感触がつかめたんで、他のトラックでもそうなのか確かめてみたくって。

先週もコメントしましたが、今のところ、ホンダRC212V機の2011年バージョンは上手いこと行ってるみたいですね。開幕戦でどうなるか…。始まれば、全てが変わりますから。誰にも予測できないことだし。ただ、ここに至るまで、皆が今季の世界選手権は激しい闘いになるって言ってますね。
ヤマハは周れば周るほど良いリズムになってくるし、初チャンプのロレンソ選手は倒すべきライバルです。また、スピース選手は去年、良いシーズンを終えていて、今年はもっと良くなるのは確かでしょう。




うちのチームは、ストーナー選手やドヴィツォーゾ選手もいる強大なチームです。
シモンチェッリ選手や青山選手のように、今回のオフィシャルテストで好調だったライダーもいます。
もはや、何者をも見逃してはいけない。誰が『サプライズ』になっても不思議はないのだから。

最大の謎はロッシ選手でしょう。
ドゥカティに乗る初年度であり、マレーシアではトップグループにいなかった。
でも、ロッシ選手はロッシ選手ですから。彼のことは決して信じてはいけない。
土曜日の予選の最後の瞬間まで最下位にいたとしても、サプライズを繰り出す力があるのだから。

愛をこめて、皆さんへ
また、次の月曜日に

ダニ

(日本語翻訳:La Chirico / 西語記事: Repsol 2011年02月14日



と言うわけで、ロッシを信じてはいけないクリックPrego!
人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP