MotoGP

ロッシ激怒『バウティスタは馬鹿すぎる…』:2013バルセロナGP

先のムジェッロ戦に引き続き、またもや第1ラップの第2コーナーで転倒してしまったアルヴァロ・バウティスタ選手…
しかも…もう少しでヴァレンティーノ・ロッシ選手にかすりそうになってしまったんですね……



さて、ムジェッロ戦の時は「レースでは起こりえる事だから」と、寛容な姿勢を見せていたロッシ選手なんですが…
今回は、けっこう怒り心頭のようです。
レース直後の伊TVインタビューで同件について触れられた時は、こんな感じで…
ちょっとシニカルな笑みを浮かべとりました。

mediaset-rossi-gara.jpg


《バウティスタの事には触れませんよ…罵詈雑言になってしまうだろうから。ムジェッロで人のことを転倒させたうえに、今日も挑んで来るんだから。序盤、ぼぉ〜としてるんですよ。僕とかロレンソとか、いわゆるトップ選手相手にはカッーとなってしまう。今日はやられなかったからツイてたけど、大問題になるとこでしたよ。》
(Source:2013年06月16日Mediaset.it記事より抜粋)


その後、イタリア大手サイト『Gpone』のインタビューでは、もう少しねっとり怒っとります。

gpone-rossi-gara.jpg


《僕的には、バウティスタの行動はあまり賢いとは言えませんね。2週間前にミスった時は、僕の姿は目に入ってなかったって言うから僕も信じましたよ。起こりえる事ですから…1度はね。ところが、今日、また同じ事を繰り返して、それもいつも僕相手に…あまりにも馬鹿すぎると思うんですがね。転倒してたかもしれないんですよ。あのタイミングで僕を抜くなんて事は…あの地点では完全に無理でしょう。僕が100%走行ラインに乗ってなかったからだけじゃなく、僕の方が彼よりも速かったんですからね。

これが初めての事じゃない。去年はアッセンでホルヘ(ロレンソ)に、その前はヴァレンシアでも僕にやってる。強い選手が自分の前に来るとイカレてしまうんですよ。多分、自分の方がもっと強いって証明したいんじゃないんですか。僕に対してだって、彼自身にとってだって、同じ事を繰り返すなんて馬鹿だと思うんですけどね。彼だって良いレースが出来てたかもしれないのに…まぁ、僕にはどうでも良い事ですけどね。1回だけなら仕方がないけど、2回続けては無理。》
(Source:2013年06月16日Gpone記事より抜粋)

で、そのバウティスタ選手の方はと言えば…
転倒直後、ピットボックスに戻った際にはヘルメットも外さずに、肩をガックリおとしてイスに座り込んでおりましたね。
やはり前回に比べ、けっこう反省しております。

motograndprix-bautista.jpg


《本当に残念です…今回は好調なウィークエンドを送っていたし、こんな転倒は不要だったのに。スタート後、他の選手らが僕の前に居るせいで失速してしまってるって気がついたんです。上位グループとのコンタクトを途切れさせたくなくて、その選手らを抜いてしまおうって思ったんですが…スリップしてしまいました。
多分、第1ラップで、フロントにハードタイヤを履いてる時は、もっと気をつけるべきだったんです。ただ、上位グループとのギャップを縮められなくなるのが恐かった。それで、抜こうと思ったんです。後から良く考えれば、あんな事はしない方が良かったのだけれど、レースでは起こる事ですから。チームには申し訳ないです…良い仕事をしてくれていましたから。スタッフ全員にお詫びしたい…100%頑張ってくれて、もっと違う結果が相応しい人達なんですから。今は次のレースの事だけを、この先、冷静に立ち向かって行く事を考えるだけです。》
(Source:2013年06月16日MOTOGRANDPRIX記事より抜粋)





安全第一クリックPrego
人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. 二輪レースファン より:

    バウティスタ選手初日から頑張ってましたが、レースではもう少し加減しないと安全が保てませんからもう少し考えて欲しいですね。
    印象の話なので難しいですけど「馬鹿」という日本語は時と場合によってはキツイですよね。
    選手のコメント中に出てくると(本意なら別ですが)その選手の人格が現わされてしまうと思います。
    今回のstupidoは「愚か」程度で良いんじゃないかと、そんな細かい事が気になったのは僕だけでしょうかね?(笑)

  2. より:

    自分がチームオーナーだったらクビ。

    「レースでは起こる事ですから」というのは、レーシングインシデントの事かと思ったら、どうやら彼の言う所は、レース中に感情的になりすぎて、冷静な判断が出来なくなることを意味しているようだ。 ロッシが危険を察知して少し避けたようにも見えた。
    前科何犯? 全く改善の兆し無し!

    才能ある選手の一人だと思っていたけれど、これでは駄目。来期のシート無し。
    でも、テレビでやっていたが、結構人気者らしく、スポンサーも有るよう。

    個人的には、最高峰クラスには不要。と言うより、すべてのレースで危険。
    故人の悪口は言いたくないが、シモンチェリも危険なライダーだった。
    それよりましだが、このままでは、いつか、もっと大きな事故を起こす。

    巻き添えは勿論、自爆であっても、そうした事は起きて欲しくない。

  3. vale46 より:

    Aバウティスタ愚か者、2レース続けて同じミスその上今回のコメントに反省の影なし???次戦アッセンは以前250時代シケインにて青山にぶつけたコース、Aバウティスタには警告、及び注意ぐらいはしてもよいのでは

  4. moto より:

    日本語って難しい…
    自分は「馬鹿」よりも「愚か」の方が厳しく聞こえます。まぁ、今回のバウティスタ選手はどっちでもいいのでは?と思うほど残念です。

    嫌いなライダーではないので、一度頭を冷やして冷静にレースを判断できるようになってくれると、応援のしがいもあるのですが…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP