Moto2 category

青山博一&アスパー&ホンダRCV1000R、中上貴晶&ホンダ・アジアで2015モトGP

ほい!
まずは皆様、お待ちかねのニュースが正式発表となりましたぞ!!

gpone-aoyama.jpg


★チーム・アスパーから、ヒロシ・アオヤマがホンダRCV1000R機(プロダクションレーサー)で参戦すると公表された。

★11月11日からのヴァレンシア・テストには、ニッキー・へイデンと共に参加する。

★ホルヘ・アスパー・マルティネス氏(チーム代表)のコメント。
「当チームにとって、アオヤマのような世界チャンピオンとの合意は素晴らしい事です。来年はホンダの傍らで新プロジェクトを始める事となりますが、共に良き働きができると確信しています。チームおよびメーカー、選手のコンビネーションは大変ポジティブなものであり、2014年にはこれまでの2年間よりも更なら好結果が得られる事でしょう。」
(Source:2013年11月10日 Gpone記事より抜粋)

そして、こちらがヴァレンシア・テストでの初乗り写真!

[下記写真はMotoblog.itより抜粋]
motoblog-aoyama.jpg




そして、こちらは…よもやの大どんでん返し!

infomotogp-nakagami.jpg

★日本人ライダーのタカアキ・ナカガミが2014年イタルトランス・チームからの参戦を辞め、チーム・アジア・ホンダと契約を交わした。

★ルイジ・パンセーラ(イタルトランス・チームマネージャー)
「当チームはタカアキ・ナカガミと2014年に向け契約した後、茂木GP/ヴァレンシアGPの際にホンダ・コーポレーションのフジワラサンと私とで綿密に検討し合い、タカアキ・ナカガミの2015年モトGP参戦に向け、2014年より同メーカーのモト2チームへ移行する方が望ましいと言う事になりました。
イタルトランスでは来季に向けての権利を有してましたが、ペナルティ等は一切請求しておりません。単にそれ行使しない事とし、ホンダと協力しつつ、選手の利益のみを尊重しました。当選手に対しては、これまでの成果に感謝しつつ、今後の成功を祈っております。チームにおいて、タカアキは5回の表彰台に3回のPPと言う熱狂的なシーズンに貢献してくれました。
なお、フリアン・シモンの2014年チームメイトに関しては、早々に発表する予定です。」
(Source:2013年11月10日 Infomotogp.com記事より抜粋)

当ブログで時々、イタルトランスチームのFBからコメントを紹介してたんですが…
チーフメカニックさんとか、なんか良い感じだったんですけどねぇ…
こちらのブログで内部事情を読むと、けっこう大変だったみたいです。





心機一転!クリックPrego

人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. おっさん より:

    まあ、ほら、なんだ…

    ちっちゃいおっさんの言うことはアレですからww

  2. yuske より:

    チームアジアは,とにかくモリワキと手を切ること
    だ。才能の芽を摘んでしまうぞ。カレックスしかないだろ。
    青山はホンダに感謝して1年頑張れ。

  3. スナフキン より:

    イデミツ・ホンダ・チーム・アジアにこれまで高橋選手とアズラン選手が駄目にされてしまった。来シーズンのフレーム変更は決まってるけど、もっと早くやってやれよ…。

    中上選手にはヨーロッパのチームで成績を出して好きなマシンでmotoGPクラス昇格を決めれれば良かったんですけどね〜(^_^;)

    これで最高峰クラスに昇格しても、ホンダの息が掛かったチームでプロダクションレーサー、良くてもサテライトマシンにしか乗せてもらえなさそう……。

  4. たにーちょ より:

    岡田選手、ノリック、宇川選手・・・

    一昔前なら、日本人選手がホンダ・ヤマハのワークスマシンを手に入れるなんて当たり前のように感じていましたが・・・

    青山選手の250での実績、中上選手の今季の可能性を感じさせる走りでも、来季のシート獲得がやっとのようで・・・

    それにしても、ハルクプロの本田さんは、こういったことをブログに書いてくれるのは、ファンとしては中上選手の不振の理由が解ってありがたいですが・・・

    これがかえって、チームの中上選手に対する印象を悪くしてしまうんじゃないかと心配なんですが・・・

  5. ken より:

    モト2って、イコールコンディションとばかり思ってきましたが、チーム力が逆に反映するんですね。フレームの良し悪しは専門的すぎて詳細はわかりませんが、モリワキがダメだ、というコメントは納得です。

    中上選手は日本の希望なので、しっかりとサポートして、モトGPへのドアを開けてくれる事を願います。日本人は、当然過ぎて逆に忘れがちですが、二輪のレースを制覇している二大メーカーは紛れもない日本の企業。数ある国の中で、これは凄い事です。 力のある日本人レーサーに贔屓して何が悪い(^^) 2015年はワークスマシンだ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP