Results SuperBike

2014 SBK ポルティマオ【スーパーポール1・スーパーポール2&経緯】



[2014 SBK ポルティマオ スーパーポール2]
sbk-2014-portimao-sp2.jpg


[2014 SBK ポルティマオ スーパーポール1]
sbk-2014-portimao-sp1.jpg


[2014 SBK ポルティマオ FP4リザルト]
sbk-2014-portimao-fp4.jpg

『2014 SBK ポルティマオ スーパーポールリザルト経緯』

sbk-2014-portimao-sykes-sp.jpg


★[スーパーポール2]トム・サイクス(カワサキ)が1分42秒484で、今シーズン3回目のPPを獲得。自身のキャリアでは22回目、また、ポルティマオサーキットでは3回目のPPとなる。
サイクス選手のコメント。
「ファーストローからの…PPからのスタートってのは素晴らしいね。風のせいで少し苦戦してしまったが、ちょっと調整して部分的には解決しましたね。明日はレースに向けての準備を完璧にすべく、いくらか手を入れなければなりません。」

★[スーパーポール2]2位ジョナサン・レイ(ホンダ、+0.281)、3位チャズ・デイビス(ドゥカティ、+0.440)と、ファーストローはイギリス勢が占めた。

★[スーパーポール2]ジョナサン・レイのコメント。
「FP3中に、マシンがかなり良くなりました。前の2レースでは実力を出し切れなかったんで、レースが待ち遠しいですね。ここのコースは大好きなんですよ。明日、上手くやるために必要なものは揃ってますよ。」

★[スーパーポール2]チャズ・デイビスのコメント。
「これほどの結果になるとは期待していなかったけれど…簡単ではなかったですね。2周目に予選用タイヤで走ったら、マシンがかなり動いてしまって。チームが良く働いてくれて…ドゥカティの方から最新パーツも届いたし、最初の成果を上げられましたね。」

★[スーパーポール2]イタリア勢トップはマルコ・メランドリの4位(アプリリア、+0.554)。

★[スーパーポール1]セッション開始早々、クラウディオ・コルティの転倒によりレッドフラッグが出された。コルティ選手は第8〜9コーナーでハイサイド転倒を起こし、路面に激しく叩き付けられた。メディカルセンターに搬送され、記憶喪失を伴う頭部外傷と診断された。その後、病院に移送され更なる検査が行なわれる予定。

2014年7月5日Gpone記事参照)


人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP