MotoGP

ロレンソ去就打ち明け話:ホンダ、スズキ、ドゥカティ


ヤマハと無事、2年の契約更改を終えたホルヘ・ロレンソ選手。
これまでドゥカティやスズキから巨額オファーが来ていて悩んでるんじゃないか…なんて噂も出ておりましたが。
ご本人曰く、真剣に考えてみた事は一度もないんだそうです。
それはなぜか?
その辺に、サクッと答えております。

『ロレンソ、ヤマハ契約更改:ドゥカティ&スズキが首位になるには時間がかかる』

motoblog-jorge.jpg


★ホルヘ・ロレンソが『MCN』サイトに、次のように語った。
「スズキはちょっと世界選手権から離れていたし…トップクラスに返り咲き、ホンダやヤマハと戦うのは簡単ではないでしょう。ドゥカティは、新しいエンジニアを入れてからまだ1年しか経っていないし。ジジ・ダッリーニャ(ドゥカティ・ゼネラルディレクター)の事は知ってます…250cc時代、アプリリアで走ってましたから。確実にドゥカティで良い仕事をするでしょうね。ただ、高みに上がってくるに…ドゥカティにはもう少し時間が必要でしょ。おそらく良いマシンを作るまでは、『トップライダー』を抱える気はないんじゃないかなぁ。
とにかく、一番重要なのは僕がずっとヤマハのごく傍らにいたって事ですよ。一緒に、素晴らしいものを獲得してきたし、ピークはまた訪れるだろうって思うんですよ。今シーズン、ここまで僕は大したことはなかったけど、ヤマハ機で、普通の条件の中で、まだまだレースに優勝できるし、タイトル争いもできると思うんですよ。」

【ホンダについては…】
「ホンダは2年前、本当に僕を欲しがってました。(今年は)ナカモト(ホンダHRC副社長)が僕とコンタクトを取ると言っていたが…そう言う事は一度もなかったですね。理由は分かりません。おそらく、彼らの気が変ったのでしょう。どうしてコンタクトを取らなかったのかは…彼に聞いてみなければならないんじゃないですか。でも今でもなお…2012年の時と同様、僕の第一希望はヤマハだし…契約できて本当に嬉しいですよ。」
2014年08月26日Motoblog.it記事参照)


ただ、イタリア唯一の2輪レース週刊誌『Motosprint』では、ロレンソ選手がヤマハと契約更改を交わした直後の8月12日発売号で、一応、ロレンソ選手の契約は2年だが、やはり2016年については破棄できる条項付きだと書かれてまして…
本当にちっちゃ〜い記事なんですけどねぇ…



[amazonjs asin=”B00F8G2ASQ” locale=”JP” title=”MotoGP ホルヘ・ロレンソ Jorge Lorenzo Guerrero ラバーステッカー Mサイズ 50×50(mm)”]

真実は如何に!?クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. motobeatle より:

    おそらく言ってることの全ては真実でしょう。
    なんか、ライダー本人も我々の思考する事と、あまり変わらないようでホッとするようなw
    中本さんが気が変わったとするなら、それはやはりマルケスの獲得と成功でしょう。
    ホルヘはヤマハで良いと思う。
    今シーズンなんとか勝ってほしい。

  2. りゅー より:

    まあ今年の契約交渉は決してすんなり行ったわけではないんでしょうけどw
    でも悩んでないと思う。ホルヘは。
    プライオリティとリアルをリンクさせたら自ずと答えは出るもんね。

    私はホルへはヤマハにいてほしい。
    ドカ?ホンダ?ましてスズキ?
    ピンとこないんだよねぇ・・・

  3. 軽~視~スト~ナ~ より:

    マルクの契約時、ホルヘ獲得は、断るような要請があったのかなぁ?と自分は考えてしまう。以前のアップしていただいたのに、マルクが言ってたもんなぁ・・・・・・・と。
    yamahaレジェンドライダーになってほしいですね。
    でも彼のスズキの戦闘力のバイクでどこまで食い込んでこれるかも見てみたい個人願望はあるんですよねー^m^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP