CEV

2014 スペイン選手権(CEV) アルガルヴェ【決勝レース・リザルト&経緯】


今週末は、9月初旬のナヴァラ戦からほぼ2ヶ月振りに、スペイン選手権(CEV)アルガルヴェ戦が行なわれておりました。
んでは、まず予選&決勝のリザルトから。

[モト3予選]
cev-moto3-qp-2014algarve (1).jpg


[モト3決勝]
cev-moto3-gara-2014algarve.jpg

『アルガルヴェ予選:クアルタラーロがPP、既に総合優勝も』

cev-quartararo-motograndprix.jpg


★スペイン選手権(CEV)モト3クラスは、今回のアルガルヴェで1レース、11月16日ヴァレンシア最終戦で2レースが行なわれる事となっているが、早々にファビオ・クアルタラーロ(ホンダ)の総合優勝が決まった。総合2位のホルヘ・ナヴァッロ(イオダ)が、現在、ロードレース世界選手権モト3クラスに参戦しており、アジア・オセアニア戦で使われていたマシンのヨーロッパ搬送が間に合わず、今回のアルガルヴェ不参戦となったため。
なお、11月1日のアルガルヴェ戦モト3予選も、クアルタラーロ選手が1分48秒776でPPを獲得した。

★クアルタラーロ選手は今シーズン序盤よりモト3クラスを制覇し、これまでの8レース中6レースで優勝している(※アルガルヴェ戦も優勝したので、結局、9レース中7レース優勝)。
同選手は2015年よりロードレース世界選手権モト3クラスに、『エストレージャ・ガリシア0.0』チームより参戦する事となっている。

★なお、アルガレーヴェ戦モト3予選の2位はガブリエル・ロドリーゴ(KTM、アレイシ・エスパルガロのチーム)、3位は『VR46』アカデミーのニッコロー・ブレガ(KTM)で、ヴァレンティーノ・ロッシ異父弟のルーカ・マリーニは5位(KTM)。
2014年11月01日Motograndprix記事参照)


あの、ちなみに…
このクアルタラーロ選手って、来年の4月が16才のお誕生日なんですよ。
つまり、普通なら年齢制限に引っかかって世界選手権の開幕戦から何戦か参加できないはずだったんですが…
実は、この度、『スペイン選手権で総合優勝したら、年齢が満たなくても世界選手権に参戦できる』と言う新しい規則ができましてね…
通称、『クアルタラーロ法』って言われてるんですが。
さて、話は今回のレースに戻しまして…
決勝レースではロッシ選手率いる『VR46アカデミー』の生徒さん、ニッコロー・ブレガ選手が今シーズン最高リザルト2位を獲得したもんですから、イタリアサイトもちょっと盛り上がってましたねぇ。

『金髪ライダー、ニッコロー・ブレガに注目』

bulega-motoblog.jpg


★アルガレーヴェ戦モト3決勝レースは、ファビオ・クアルタラーロ(ホンダ)が、逃げ切り独走で優勝。

★2位は『VR46アカデミー』の生徒ニッコロー・ブレガ(KTM)。父ダヴィデ・ブレガは1990年代に世界選手権250ccクラスに参戦していた。

★3位マルコス・ラミレス。

★ロッシ異父弟ルーカ・マリーニはスタート直後、転倒。
2014年11月03日Motoblog.it記事参照)


ロッシ異父弟のルーカ・マリーニ選手…
今回は予選5位で、「おっ♡」と思ったんですが…
結局、スタート直後、ダヴィド・サンチス選手に追突され、転倒…
レースに戻った時は29位で、結局、18位でゴールしてました。
お、お、お祓いしてもらった方がいいのかなぁ…
あと、スペイン期待の女子マリア・エレッラ選手は、予選も24位とふるわず…
レースでもマシントラブルにより、早々にリタイヤ。
イタリア衛星放送の解説者によれば、ここ最近の不調により、
結局、ほぼ決まっていた来年の世界選手権モト3昇格も立ち消えになってしまったとか。
この辺は、また、きちんとした記事が出てきたらご紹介しますね。
それからワイン・ガードナー元選手の息子さんレミー選手も頑張ってましたぞ!
最後まで表彰台争いのグループに入って、健闘したんですが…今回は4位でゴールでした。
ここ最近、世界選手権の方にワイルドカード参戦して、ググッと逞しくなった感じですね。
アレイシ・エスパルガロ選手のチームんとこのガブリエル・ロドリーゴ選手は予選3位と好調だったんですが、
ガードナー選手を抜こうとした祭にスリップ転倒してしまい、結局、13位でゴール。

ono-brunoperformance.jpg

そう、そして我らが日本勢はですね…
トップグループ常連の尾野弘樹選手が、先週、アルガルヴェ・サーキットでのテストの際に転倒し、100%の状態じゃなかったんだそうです(大涙)
で、結局、予選10位で、決勝レースでは7位。
でも、現在、総合3位にいますからね!
総合2位のホルヘ・ナヴァッロ選手が今回は欠場だったんで、現在、総合2〜3位は22ポイント差なんですよ。
あと、2レース残ってますからね…
総合優勝はもうクアルタラーロ選手に決まってしまいましたが、まだまだ手に汗握る総合2位争いがあります!
日本からの応援も気が抜けませんぞ!!
それから、この間のアジアタレントカップ最終戦で優勝を決めていた國峰啄磨選手が、こちらスペイン選手権アルガルヴェ戦でも今シーズン最高リザルト8位と健闘しておりました!!
んでは、締めに尾野&國峰選手のコメント行ってみますか。

尾野選手のコメント
「身体面でかなり苦戦し、7位以上は無理でした。今は次のヴァレンシア戦の2レースの事だけを考えています。」

國峰選手のコメント
「良いスタートが切れたんで、7位を目指して良い戦いができました。8位は今シーズンの僕の最高リザルトなんで、嬉しいです。」



[amazonjs asin=”B007JYRR8I” locale=”JP” title=”プロ仕様のレーシングジャケット★ ホンダHONDA レプソル チームレーシングジャケット【並行輸入】サイズM (EU50)とL (EU52-54)のみ取り扱っています”]

決戦は11月16日!!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP