『スズキはタイトル争いに加わりたい』ダヴィデ・ブリヴィド

Pocket

『ブリヴィオ:スズキはモトGPタイトル争いがしたい』

2017-davide-brivio.jpg


★モトGP復帰2年目となったスズキは2016年、マーヴェリック・ヴィニャーレスが表彰台に4回上がり、2007年以来久しぶりの優勝も果たした。

★なお、ヴィニャーレス選手は2017年、ホルヘ・ロレンソ後任としてヤマハに移り、スズキからはアンドレア・イアンノーネとアレックス・リンスが参戦する。
また、2016年までスズキに所属していたアレイシ・エスパルガロもアプリリアに移籍した。

★ダヴィデ・ブリヴィオ氏(スズキ・チームマネージャー)が『Autosport.com』のインタビューで、次のように語った。

「昨年、成し遂げたことを思えば、満足すべきなのだろうし、喜ばなければならないのでしょうけどね。シーズン開幕前、特に具体的な目標は立てていなかったが、シルヴァーストーン戦では優勝と言う山場を迎えられました。うちにとっては本当に凄いことでね。素晴らしいリザルトでしたよ。
うちは表彰台をこつこつと4回獲得したが、最も重要だったのはトップ陣に近づけたと言うことでしょう。多分、うちにとってはそれが唯一の…なおかつ、真の目標だったと思います。表彰台争いが複数回できたと言うことがね。
シーズン後半、それが目標だと言うことははっきりしてました。ドライコンディションでは両選手とも着実に表彰台争いができるようになっていってましたから。そう言う点では、実に良いシーズンでした。」

【2010年以降、優勝と言えばホンダかヤマハだったが、昨年はスズキの他にドゥカティも2勝していたが…】
「うちは『3年以内には優勝したい』とか『5年以内にはなんとか!』とか…その類のことは決して言ったことがないんですよ。とは言え、当然のことながら、できるだけ早くタイトル争いに本腰で加わっていきたいと思ってます。
ドゥカティに接近していきたんですよ。つまり、ヤマハ/ホンダ組とのギャップを埋めていきたいんです。まぁまぁ上手くは行ってるって感じなんですけどねぇ。レースで1勝を果たし、表彰台にも上がれるようになったから。もちろん、レースウィークエンドもそう言った戦いに加わっていける状態で始めますよ。
次なる一歩は、優勝争いにコンスタントに加わっていくと言うことでしょう。毎レースでね。もちろん、そこが最も難しいわけだが、とにかく、やり遂げなければね。」

(2017年01月04日『Motoblog.it』記事参照)


加わって、加わってクリックPrego > 人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, ,

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止のため簡単な計算に答えて下さい。 Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

 

Top