2017 セパンGP【モトGP:FP1リザルト&トピックス】

Pocket

motogp-fp1-2017sepang-dovi.jpg

『2017 セパンド モトGP FP1トピックス』

★10月27日(金)、セパン戦 モトGPクラスのFP1が行われた。

★セッション序盤の多少の雨で路面はトリッキーになったが、終盤は乾いた。午後も明日も天気が崩れる可能性があり、終盤はタイムアタック状態になった。

★首位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー、2’00.671)。前後輪ともにミディアムで記録。
チームメイトのホルヘ・ロレンソは10位(+0.518)。前後輪にソフトで記録。ウィング内蔵カウルを使用。

★同トラックには長直線コースがあり、ドゥカティ勢のトップスピードは以下のとおり。
ペトルッチ:時速328km
ドヴィツィオーゾ:時速326km
ロレンソ:時速318km

★2位アルヴァロ・バウティスタ(ドゥカティアスパー、+0.071)。
チームメイトのカレル・アブラハムは7位(+0.406)。柔らかめタイヤで記録。

★3位ヨハン・ザルコ(ヤマハテック3、+0.136、ルーキー)。
チームメイトのマイケル・ファン・デル・マークは19位(+2.802)。ジョナス・フォルガー代役

★4位マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー、+0.232)。
チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは12位(+0.991)。タイムアタックは満足にしていない。セッティング作業に専心。

★5位マルク・マルケス(ホンダファクトリー、+0.279)。フロントにソフト、リアにミディアムでタイムを記録。セッション大半で首位を維持しつつも、2回コースアウトをしてしまった。今回はタイトル獲得の初マッチポイントである。ペースは最高。
チームメイトのダニ・ペドロサは9位(+0.491)。クラッチに問題が出て、タイムアタックを断念。

★6位カル・クラッチロー(ホンダLCR、+0.389)。

★8位エクトル・バルベラ(ドゥカティアヴィンティア、+0.476)。柔らかめタイヤで記録。
チームメイトのローリス・バズは16位(+1.745)。

★11位ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティプラマック、+0.889、GP17機)。

★13位アンドレア・イアンノーネ(スズキファクトリー、+1.069)。
チームメイトのアレックス・リンスは22位(+3.710、最下位)。

★15位ポル・エスパルガロ(KTMファクトリー、+1.160)。
チームメイトのブラッドリー・スミスは17位(+1.798)。

★21位サム・ロウズ(アプリリアファクトリー、+2.863)。
チームメイトのアレイシ・エスパルガロは骨折欠場

(2017年10月27日『Gpone』記事参照)
(2017年10月27日『motorsport.com』記事参照)


『2017 セパン モトGP FP1リザルト』

motogp-fp1-2017sepang.jpg


ドヴィパワー復活!

いいね!Prego

Ad & Relation Links

, , , , , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top