7GPで周回数削減:モトGPセーフティコミッション

Pocket

『モトGPセーフティコミッション:7GPで周回数削減』

start.jpg


★選手らが時々、「今回のレースは長丁場だ」とコメントすることがあるが、実際のところ、各レースの走行距離はだいたい同じぐらいである。ただし、1周が短いサーキットの場合は、周回数が多くなる。

★セーフティコミッションは2018年より、特定のサーキットでのレース走行距離を短縮することとした。周回数の多いレースでは、安全面に問題が生じる可能性があるからだ。

★モトGPレースで短縮されるサーキットは以下のとおり。

・1周短縮[オースティン、ル・マン、バルセロナ、ブルノ、ミザノ]
・2周短縮[ヘレス]
・3周短縮[ヴァレンシア]

★なお、モト2クラスでは9レースで、モト3クラスでは7レースで走行距離が短縮される。

★同決定は安全面を考慮してのものであるが、付随イベントを増やしたがっているドルナにとっても都合が良いことは確かだろう。特に、2019年からはMoto-e世界選手権(電動バイクレース)が、ロードレース世界選手権の前座レースとしてヨーロッパで6戦開催されるのだから。

(2018年02月06日『Gpone』記事参照)


モルビデッリ選手が2017年ライバルだったルーティ&アレックス・マルケス選手について語っている話は、無料閲覧『note』!!

いいねPrego!

Ad & Relation Links

,

4 Responses to 7GPで周回数削減:モトGPセーフティコミッション

  1. TKM 2018年2月7日 at 6:16 AM #

    ヴァレンシアなんかあっという間に終わりそう・・・

    • Kicker 2018年2月7日 at 12:45 PM #

      レースタイムみてればヴァレンシアがあっという間に終わるとかはないよ?
      まぁ一周のタイムが速いと感覚的には短く感じるかもだけど。

      これでレースタイムが40分前後に揃えられるからタイムスケジュールを組みやすくなるという思惑でしょうね。

      でもってMoto-eはちょっと楽しみですね。

  2. maxtu 2018年2月7日 at 7:28 AM #

    メーカーにとっては燃費、ミシュランはタイヤのライフ面で朗報か?

    ピットクルーは周回数間違えないようにしないと…

  3. madmax 2018年2月7日 at 8:38 PM #

    Moto-e世界選手権はやく見てみたい

コメントを残す

 

Top