SBK SuperBike

バウティスタ『裏切ったわけじゃない…残留を望まなかったのはドゥカティの方だ』2019 SBK マニクール

『バウティスタ:裏切ったわけじゃない…残留を望まなかったのはドゥカティの方だ』

★9月26日(木)、SBKマニクールラウンド会見でアルヴァロ・バウティスタ(ドゥカティ)がホンダ移籍について次のように話した。

【2020年もドゥカティ機に乗ることができただろうに…】
「そうですね。でも、SBKには出るんで…勝利を狙って行きますよ。」

【ドゥカティスタ(熱狂的なドゥカティファン)らからは裏切り者呼ばわりされているが…】
「僕についてのコメントは、否定的なものも肯定的なものもたくさん見ました。まぁ、ある程度は影響してたでしょうかねぇ。
僕は裏切ってはいないですよ。こうして今でもレース優勝を目指して、ドゥカティ機で戦っているんだから。」

【いつ頃、ドゥカティ離脱を決めたの?】
「正確にいつだって言うのはありません。色々な状況が重なって…ちょっと奇妙な感じで、こう言う決断に至ったんです。
7月のことでした…ラグーナセカ戦の後ですね。」

【奇妙な感じと言うのは?】
「最終的に、まずドゥカティがレディイグ起用を決めたんです。それで、僕は僕の道を進むことにしたんですよ。」

【しかし、ドゥカティはバウティスタ残留を希望していたはずだが…】
「もしドゥカティが本当に僕の残留を希望しているなら、どうしてそうしなかったんでしょうね。
まぁ、ドゥカティは僕に残って欲しいと思ってはいたのだろうけど、でも、心の底からってわけではなかったのでしょ。
もちろん、これまで懇意にしてもらって感謝はしているので、残り3戦はベストを尽くしたいと思ってます。」

【金銭的な問題と言う説も出ているが…】
「いや、それはないです。最終的には、金銭的な問題が全てではないから。重要なのはパッケージですからね。」

【ホンダのプロジェクトはそんなに凄いの?】
「それに関しては何も話せません。今は今シーズンの方に集中してるんで。」

【ヨハン・ザルコのKTM離脱公表後、モトGP復帰も考えた?】
「モトGP復帰は僕の目標の1つなんですが、ただ、あくまでも表彰台争いができるような戦闘力の高いマシンでってことなんで。
KTM機は馬力は凄いが勝利は狙えないでしょ。それは明らかだと思うんでね。」

【もしかしてダニーロ・ペトルッチ後任を狙っていた?】
「その通りです。ファクトリーチームなら僕としても大満足だったんですけどね。(2018年にドゥカティファクトリーから)1戦だけモトGP参戦したけれど、悪い出来ではなかったと思うんですよ。」

【いつまで現役を続ける予定?】
「楽しいと思えるまで続けますよ。もう楽しいと思えなくなったら引退するでしょうね。まぁ、正確にいつ頃って決める気はありませんが。」

【ホンダ復帰の心意気は?】
「僕にとっては新たなシーズンになるわけで…もちろん、今ほどではないですけどね。学ぶべきことも多いだろうから、あまり大きな期待を保たないようにしないと。
でも、目標はタイトル獲得ですけどね。」

【最後に…今年11月に娘さんが生まれる予定だそうで…】
「今のところは落ち着いてます。まだ生まれてないってのもありますけどね(笑)。まぁ、生まれたら…当然、諸々が変わるんでしょうけど。もしかしたら、途中経過で何か変化があるものなのか…。
とにかく、準備万端になっているよう全力で頑張りますよ。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


なぜ今年のアラゴンでドゥカティは去年のような活躍ができなかったのか?って話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. ニダール より:

    ドゥカティが若いレディイグを選んだだけ

  2. maxtu より:

    デイビスは残留だからイギリス人体制なのはスポンサーの意向もあるのかな?
    高齢化していることもあってレディング にはBSB→SBK→GP復帰を見込んでいるのかもね

    前半勝ちまくってたバウティスタをDUCATIはどうみてたのだろうね

  3. ンダンダ より:

    当然だけど中盤から転倒しまくったことが影響したんでしょう。
    最初の勢いで勝ってたら移籍なんて考えもしないだろうね。

    ドゥカ「なんやねん、いきなりこけまくりやがってまるでうちのバイクが悪いみたいに見えるやないか」
    バウ「ん、まてよ他のバイクなら実際こけないのか気になってきた、でもこのバイクの速さも惜しいし、ちょっと契約待ってくれ」
    ドゥカ「ほなさいなら」

  4. ニッキー より:

    ホンダは当然八耐を見越してのSBK起用だと思うけど、この安定感のなさ・・・速さがあればいいってもんじゃないしなぁ。
    今年の八耐でスティントのたびに速くなっていったブラドルにSBKを再度頑張ってほしいけど。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP