MotoGP

2020 バレンシアテスト最終日【モトGP:リザルト&トピックス】



『2019 バレンシア モトGP バレンシアテスト最終日 トピックス』

★11月20日(水、10時〜17時)、バレンシアサーキット モトGPクラスの公式テスト2日目(最終日)が行われた。

★快晴、低温。ドライコンディション。気温16度、路面温度16度。初日よりは暖かい。

★昨日は低温により転倒が多発していたため、本日はトラックにライダーが出始めたのは11時過ぎ、全選手が揃ったのは12時ごろ。

★今回、投入されている2020年版ミシュランタイヤ(※ミザノおよび豪でテスト済み)は、1周0.3〜0.5秒速くなると言われている。

★首位マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)。
チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは9位。第10コーナーで停止、マシンから白煙。技術トラブルの模様(※おそらく2020年版エンジン故障)。ヤマハ勢ワースト。新マテリアルのテストに集中し、タイムアタックはせず。
ヤマハは昨日より始めた新車台の作業に集中。本日、両選手とも2019年版は一度も使用せず。

★2位ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)。
チームメイトのフランコ・モルビデッリは3位(VR46ライダーズアカデミー)。

★4位カル・クラッチロー(ホンダLCR)。転倒、ケガなし。
チームメイトのタカアキ・ナカガミは不参加。

★5位ジョアン・ミール(スズキファクトリー、ルーキー)。
チームメイトのアレックス・リンスは6位。

★7位マルク・マルケス(ホンダファクトリー、今季モトGPチャンピオン)。2019/2020年版フレーム比較テスト(※固さを改善)。新型テールカウル試用(※冷却用の穴が大きくなっている)。午後は新カウル試用(※スズキ風の大型ウィング付き)。
チームメイトのアレックス・マルケスは20位(ルーキー、今季モト2チャンピオン)。
テストライダーのステファン・ブラドルは18位。1番に出走したものの技術トラブルにより完走せず、ボックス帰還。
ホンダは昨日より始めた新車台の作業に集中。

★8位ポル・エスパルガロ(KTMファクトリー)。チームメイトと共に一番に出走。第10コーナーでスリップ転倒
チームメイトのブラッド・ビンダーは22位(ルーキー、モト2総合2位)。最下位。
テストライダーのミカ・カリオは出走せず。

★10位ジャック・ミラー(ドゥカティ・プラマック)。
チームメイトのフランチェスコ・バニャイアは不参加(VR46ライダーズアカデミー)。土曜FP3でマシンごと前転・転倒。来週のヘレステストは参加できるかも。

★11位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)。
チームメイトのダニーロ・ペトルッチは記録なし。左肩の炎症が酷く、数周走って終了。
テストライダーのミケーレ・ピッロは13位。
ドゥカティは昨日より始めた新車台の作業に集中。

★12位ティト・ラバト(ドゥカティアヴィンティア)。
チームメイトのカレル・アブラハムは17位。ヨハン・ザルコが同チームのオファーを受けた場合は放出される

★15位イケル・レクオナ(KTMテック3、ルーキー)。第14コーナーでスリップ転倒。
チームメイトのミゲル・オリヴェイラは不参加。豪GPでの転倒により古傷が悪化し、3日に肩の手術を受けた。
テストライダーのダニ・ペドロサは14位。

★16位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー)。第14コーナーでスリップ転倒、ケガなし。
チームメイトのアンドレア・イアンノーネは19位。直線コースを走行中にエンジン故障によりマシン炎上、停止、消火作業。レッドフラッグでセッション中断。イアンノーネ選手がかなり苛ついてボックス帰還。
テストライダーのブラッドリー・スミスは21位(モトE総合2位)。技術トラブルによりマシン停止。
2020年版マシンはまだ用意されていない。

★11月25〜26日はヘレステスト開催。冬季オフシーズン前の最後のモトGP公式テストとなる。

『2020 バレンシア モトGP 公式テスト 最終日リザルト』



『2020 バレンシア モトGP 公式テスト 総合リザルト』




(参照TV放送 『Sky Sport MotoGP HD』)

created by Rinker
¥7,461
(2019/12/06 12:11:53時点 楽天市場調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. うに より:

    ヤマハ20年型は結構無茶しても車体が安定している感じ。
    ロッシは淡々とテストしてましたね。

    ドカはスイングアーム下に光ってるやつ何だろう?

    ホンダ20年型はフロントの動きが一段と
    ナーバスになっているように見えるけど大丈夫か?

  2. ニダール より:

    直線コースを走行中にエンジンと「交渉」するなんてイアンノーネは余裕あるね

  3. たいせい より:

    出た!テスト番長マーベリック!

  4. へほへも より:

    弟…
    そのマシンでビンダーと最下位争いなんかしてたらあかんやろ

  5. suezo より:

    カリオは2日目も走ってないですが、理由はどこにもでてないですね

  6. ジージ より:

    低温バレンシアテスト意味無いと思っていたら、今季限りだったのね。
    バレも話していたバレンシアの開催時期は再検討必要じゃないのかなぁ?同様のオーストラリアと共に温暖化影響に依る台風時期も一考した方が良いと思う。

  7. けつけつ より:

    せっかくなら茂木の開催時期も考慮して欲しいな〜
    どうやら来シーズンのテストはヘレススタートで今後テスト回数を減らしてレースの数を増やすみたいですね、
    ライダーの負担がますます増えるから体の故障が一番懸念されてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP