MotoGP

2020 アンダルシアGP【モトGP:決勝リザルト&トピックス】



『2020 アンダルシア モト2 決勝トピックス』

★7月26日(日)、アンダルシアGP(ヘレスGP第2回目) モトGPクラスの決勝が行われた。

★タイヤ選択はほぼ全選手が前ハード、後ソフトタイヤ。アレックス・リンスのみ前後輪ともソフト。

★ヤマハ勢は全選手、フロントに完全新タイヤではなく、何周か走行したものを使用。その方が、新タイヤにありがちなオーバーヒートが起きないのではと言う理由から。

★首位ファビオ・クアルタラロー。2連勝。
クアルタラロー選手のコメント。
「厳しいレースでした。いつもは新タイヤでスタートするのに、今日は3周走ったタイヤにしてみたんですよ。
満足はしてます。序盤はもの凄いリズムが刻めたし、ヴァレやマーヴェリックを速攻で引き離すことができたから。2秒差だって分かった時、このまま進めはしないだろうなって思ったんですが、上手くいきましたね。
チームのおかげです。素晴らしい仕事をしてくれました。あと、家族のおかげですね。2連勝だなんてもの凄いですよ。」

チーフメカニックのディエゴ・グベッリーニ氏のコメント。
「ファビオには伸びしろがあったんですよ…昨日のFP4の時に分かったんです。レース序盤はプラスアルファの力があると分かってたんですが、まさにそれをフル活用してましたね。
その後はレースを上手く取り仕切って。実に上手かったですよ。」

チームメイトのフランコ・モルビデッリは4位走行中にエンジン停止でリタイヤ。

★2位マーヴェリック・ヴィニャーレス。
ヴィニャーレス選手のコメント。
「今日は息もできない感じでした。第1ラップでファビオを抜こうとしたのだけど、ミスってしまって…ヴァレに抜かれた時は何もできませんでした。
その後、ヴァレの後ろを走ってた時は、けっこう憔悴してしまって…どうしてでしょうねぇ。多分、暑さのせいなのか…実際、うだってたから。プラスアルファのことができなかったんですよ。
終盤のためにちょっとエネルギーを温存してました。とにかく、今日の一番のミスは第1コーナーですよ。あれがなければ、もっと違うレースになってたでしょうね。」

チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは3位。昨年4月のオースティン戦より久しぶりの表彰台。
ロッシ選手のコメント。
「実に嬉しいですね。かなり久しぶりのことだし、けっこう厳しい期間が続いていたから。今週末はこれまでとは違うやり方で作業をしてみたんですが、上手くいきました。
チームと一緒にベストな作業ができましたよ。スタートも良かったし。レースは実に長かったですけどね。今日の表彰台は優勝と同格とは言わないが、それでも、かなり近いものはありますよ。」

チーフメカニックのダヴィド・ムニョス氏のコメント。
「私にとっては大きな挑戦で…開幕戦の後、けっこう問題も続出してましたからね。今朝、マシンに手を入れて変えてみたんで、ポジティブな結果になってくれたらと願ってました。
今日は厳しいレースになると覚悟してたんですが、表彰台って言うのはいつだって驚異的なものですね。」

★4位タカアキ・ナカガミ。ホンダ勢力トップ。モトGPキャリア最高リザルト(これまでは2019年ムジェッロ5位)。
チームメイトのカル・クラッチローは13位。

★5位ジョアン・ミール。
チームメイトのアレックス・リンスは10位。

★6位アンドレア・ドヴィツィオーゾ。グリッド14位スタート。先週レースは表彰台獲得(3位)。
チームメイトのダニーロ・ペトルッチは第12ラップで転倒リタイヤ。

★7位ポル・エスパルガロ。
チームメイトのブラッド・ビンダーは第14ラップでリタイヤ。

★8位アレックス・マルケス。
チームメイトのマルク・マルケスは右上腕骨の手術直後、予選1まで走行したが、最終的に棄権を決意。

★9位ヨハン・ザルコ。
チームメイトのティト・ラバトは11位。

★12位ブラッドリー・スミス。イアンノーネ代役。
チームメイトのアレイシ・エスパルガロは第9ラップで転倒リタイヤ。

★フランチェスコ・バニャイアは第19ラップで2位走行中にマシンから黒煙が上がり、第20ラップでリタイヤ。
チームメイトのジャック・ミラーは第12ラップで転倒リタイヤ、ケガなし。

★ミゲル・オリヴェイラは第1ラップ第1コーナーで転倒リタイヤ。
チームメイトのイケル・レクオナも第7ラップで転倒リタイヤ。
 

『2020 アンダルシアGP モトGP 決勝リザルト』



『2020 アンダルシアGP モトGP 総合順位』



POSTED COMMENT

  1. RZR より:

    過酷な環境での連勝、見事でした。
    盤石なように見えるヤマハ陣営にとって、先週のロッシ、今週のモルビデッリに起きたマシントラブルがアキレス腱にならないよう祈るばかりです。

  2. うに より:

    Rossi is back!!!!
    クアルタラロおめでとう!ヤマハ123!
    クアルタラロとロッシうれしそう。
    ビニャーレスはもう少し肩の力を抜いた方が良さそうだね。

    バニャイアは悔しかっただろうなー

  3. やっぱりoffが好き より:

    123ダー
    久し振りすぎて嬉しすぎる
    サバイバルな展開の中、中上も安定してたね
    バニャイア惜しかったなぁ
    しかし、今シーズンのヤマハのエンジン大丈夫か?
    既にヴィニャーレス3機、ヴァレ2機だったよね

  4. にわか より:

    中上さん
    覚醒の予感

  5. いたたわ万歳(浅) より:

    こんな過酷な状況だとファビオさんの2連勝もその価値が上がっちゃうんじゃないかと思っちゃいました。

    ヴァレンティーノのこぼれそうな笑顔も見れたし、中上さんは表彰台には届かなかったけど期待に応える結果だと思うし、個人的には同じ様な状況にも関わらずあんま話題にのぼらない(批判もされないかもだけど)リンスさんが6ポイント取れたし、よかったよかったです。

    …でもペッコさんとモルビデリさんは気の毒でしたね。VR46トリオが連なって走ってるとこを見て「おー!」と思ってたとこだったんですけども。

    そしてファビオさんの2連勝、今回の1-2-3、コンストラクターズポイントもトップで絶好調に見えるヤマハさんのエンジンも使い果たしそうで不安ですよね。
    次は誰の番かとか思っちゃう。
    まさかタイヤだけでなくエンジンまで当たり外れに悩まされるとは…。

  6. へほへも より:

    不安はヤマハ機のトラブルかな…
    マシンもメンツもバランス的にヤマハ強いけど2戦連続トラブルは不安だ

  7. 半世紀 より:

    居ないだろうけどウィニングラップだけ見た人はdoctorが優勝したかのようなはしゃぎっぷりがとても素直で嬉しく感じました。
    ヴィニャーレスとの終盤バトルをみるとクリップにつけられない状況でタイヤマネージメントに対する乗り方とセッティングの課題がまだあるようです。伸び代が有ると言いましょうね。
    モルビデリが残念でとても気がかりなマシントラブルで原因究明が待たれるところですが闘えるM1がようやく復権しました。
    群雄割拠必至な今シーズンのタイトル争奪戦、回数は激減しますが楽しませてくれそうな予感で早くも次戦が待ち遠しいです。

  8. 34t より:

    これでクアルタラロをワークスに昇格させた判断が間違いじゃなかったことがハッキリと証明されましたね。
    え、そんなの開幕前から誰も疑ってなかったって?
    まーでも優勝、しかもサテライトで二連勝と言う結果があるのとないのとでは大きく違うと思うのです。
    大人の世界では特にね。
    しかしこれでマルケスが慌てて復帰しようとした理由が分かったと言うか、恐れていた状況になってしまいましたね。
    これで1位と50P差…次戦で復帰したとしても完全に復調するまで差は更に開くだろうなぁ~と思わせるほどの圧勝劇でした。

  9. gsax3 より:

    ヤマハ,エンジン問題深刻でないことを祈る.
    モルビドのオンボード映像音声流れたけど,クランクメタル逝っちゃった音だよねえ.

    でもラ・マルセイエーズ,やはりカッコいい.
    今日は君が代も聴けたしロッシ健在も見れたし得した気分.

  10. しゃけ より:

    いやぁポディウムのヴァレが見られて嬉しすぎる。
    セッティング決まれば行ける事は証明されましたね。

    でもロッシの表彰台見納めの予感もよぎりました。

  11. マロン より:

    相当暑かったみたいですね
    完走した皆がヘトヘトな感じ。。

    結構久しぶりのようですが、ヤマハ123は見事ですね!
    素晴らしい!

    中上選手最後までよく頑張ってくれた!次戦も楽しみにして待ってます!

  12. 半世紀 より:

    管理人さま、風紀管理ありがとうございます。
    お手間をとらせますが今後もガイドライン表示として対応頂き楽しい掲示板を私たちに提供して下さい。

  13. やっぱりoffが好き より:

    あ、でも自慢できないんでしたっけ

  14. キャンディヘッド より:

    いやー独走一人旅の後ろでは
    なかなか面白いレースが繰り広げられましたね

    ロッシさんポディウム、中上くん4位おめでとう
    ザバイバルレースでよく頑張った、面白かった

    相変わらずドカは映らなかったね笑
    次に期待です

  15. maxtu より:

    転倒、トラブル続出のサバイバルレースのなかでYAMAHA 123は評価できますね
    そしてキャリアハイの4位ナカガミおめでとうー
    なんとなくプラマックは安定感に欠けそうな気がしてたので予想通りの展開になりました
    前回の123はヴァレ、ロレンソ、スミスでしたっけ?時代の流れを感じるけどヴァレってやっぱ凄いねぇ
    ファビオと喜びを分かち合う姿に感慨深くなりました

    あとカル、リンスは苦しみながら執念の完走、ポイント獲得は良かった

  16. しゃぶ太郎 より:

    もはや誰も話題にしませんが、アプリリアの光明となると期待された新マシンは、パフォーマンス・信頼性共に未だ問題抱え、頼みの綱のアレイシも2戦連続序盤で転倒。
    グレッシーニレーシングが契約満期を迎えますが、各メーカーもこれ以上のマシン供給はコロナ禍の影響で厳しいでしょうし、アプリリア共々撤退→2グリッド消滅となってしまうのでは…

  17. ドナルドT より:

    ヴァレおめでとう
    苦しい期間が長かったから喜びもひとしおだと思う思います。
    あのコンディション下で20代前半を相手にガチで勝負出来る41歳って素晴らしいです。
    そしてYAMAHAの1-2-3フィニッシュ最高だった。
    中上さんもアレックスも頑張りました。
    マルクも次のブルノから無理せずにボチボチ復帰して下さい。
    やっぱりMoto GPは観てて燃えます。

  18. M より:

    マルクが腕立て伏せしてる映像にびっくりしました‼︎
    一般的にいっても「腕骨折」って症状はもしかしてたいしたことじゃないのかも!……って勘違いしかけました。

  19. しまうま より:

    BS組ですが、番組最後にマルケスが腕立て伏せしてるの見て驚きました。あれ? 骨折って骨が折れてるって意味だよな…と。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP