未分類

アレックス・マルケス『去年は標準的な成長で、目覚ましいものがなかったが…』

『マルケス:去年は標準的な成長で、目覚ましいものがなかったが…』

★2月19日、ホンダLCR CASTROLが2021年のチームプレゼンテーションを行った。

★同チームのライダーはアレックス・マルケス(マルク弟)である。

★なお、ホンダLCR IDEMITSUのチーム・プレゼンテーションは20日に、タカアキ・ナカガミと共に行われる。

★アレックス・マルケスが以下のように話した。

「今シーズンに向けて、準備万端です。去年の方が緊張してましたね…自分がどこまで出来るのか見当もつかなかったので。今は気持ちも定まってきているし、どこを改善すべきかも分かってますから。そう言うトレーニングもしているし。
まず、予選をもっと良くしていくことです。モトGPクラスで、あんなに後方スタートなんてしてられないから。昨シーズン中、モトGPルーキーとしての僕の成長過程は標準的ではあったけど、目覚ましいものはなかったじゃないですか。
目標は、昨シーズン後半のようなリザルトを出すこと、そして、もっとコンスタントになることです。」

【ところで、兄マルク選手の容態はどう?】
「随分、良くなりました。以前より、気持ちも落ち着いてきているようです。」

【マルケス家は、なぜこんなに2輪好きなの?】
「両親が自宅近くにある2輪クラブに通っていて、『プーチセレダ』や『ジェイダ』のサーキットの手伝いをしてたんですよ。父はメインエントランスのチケット係をやり、母はそこのカフェのレジ係りをやってました。
僕ら兄弟はまだ小さかったんですが、サーキットに付いて行って、そこで育ったような感じで。それで、だんだんオートバイ好きになっていったんです。
両親が結婚する前、父は1000ccの市販機に乗っていて…もう、そう言う血なんですよね。ただ、僕がプロレーサーになったのは、兄マルクのお陰です。兄がまず両親に『オートバイを買って欲しい』と頼んだわけだから。もし頼まなかったら、多分、僕がオートバイに乗るようなことはなかったんじゃないのかなぁ…。」

【マルク選手と言い合いになるようなことはないの?】
「子供の頃は、誰でも喧嘩ばかりしているものでしょ。兄弟喧嘩はけっこうありましたよ。今は2人とも大きくなって、大人同士の関係ですから。でも、子供の頃は普通に喧嘩してました。」

【兄弟で、常に張り合っている感じ?】
「もちろん、そうですね。自分の兄相手に、負けるわけにはいかないじゃないですか。自転車に乗ってる時とか、あと、単純にどっちが先に食卓に着くかとか。
特別なこととかではなく、世界中の兄弟がやってるようなことです。」

【ル・マン決勝戦の最中、ピットボックス内でお父さんが『あまり飛ばすな、2位に甘んじろ』ってジェスチャーを一生懸命していたが…】
「父は何をやるにしても、とにかく激しいんですよ。僕ら兄弟のこととなると、日常生活でもそんな感じで。もう、100%ラテン系と言うか…とにかく熱くなるタイプなんですよね。
(レースの時は)常に緊張していて、情熱のすべてを傾けてるって感じで…あまりにもオーバーな時があるもんだから、兄と2人で『もっと落ち着いて、少しはじっとして』って言ってるほどなんですよ。
でも、そう言うと、『じっとしてると、もっと落ちつかない』って言ってきて…。レースが終わると、父はへとへとになってるんですよ。」

【お父さんとは、どんな関係?】
「良好ですよ。2輪トレーニングの時は、いつも父もついて来て、マシンをきちんと調整するのが好きなんですよ。誰も手伝ってくれなんて頼んでないんですけどねぇ。」

【お母さんは、レースの時はどんな感じ?】
「父よりは落ち着いてるんですが、やっぱり、けっこう緊張してますね。母の方が、まともな感じですけど。
TVカメラに映るのが好きじゃなくて、家で観てる方が良いみたいです。ミネラルウォーターのボトルを抱えて、ソファーでレースを観ています。」

[ 後半に続く ]

(参照サイト:『Moto.it』)
(Photo & Video:Instagram)

兄マルケス選手のプレート破損には別の真実があり、チームがそれを隠蔽したのか?って話は、note『マルケス、プレート破損に疑惑勃発&レース欠場についてのお金の話』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. maxtu より:

    去年を標準的といえるとは立派な考えだね
    着々と積み上げていった成績といい、自分を失わずに進めるライダーだと思う
    好感がもてるね、頑張れ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP