MotoGP

マルク・マルケス『表彰台に上がれなくなったら引退する』

『マルケス:表彰台に上がれなくなったら引退する』

★3月4〜6日の日程でモトGPカタール開幕戦が行われる。

★マルク・マルケスは2013年にホンダファクトリーからモトGP参戦を始め、今年で10年目であり、これまで同クラスで6回タイトルを獲得している。
なお、現在、同チームとは2024年末まで契約済みである。

★2020年ヘレス開幕戦での転倒で右腕を骨折し、3回の手術を経て、2021年3戦目より復帰し、今年はマシン共々、大きく復調した様子である。

★マルケス選手が西サイト『Marca』の3月1日付けインタビュー記事で、次のように話した。

【ケガをしたことで、以前と異なるマルク・マルケスになったと思う?】
「この一連のケガを経て、現在のマルク・マルケスは以前より大人になり、変わったと思います。ケガを乗り越えた時と言うのは、常にそう言うものでしょ。
今回の腕の痛みとか…大体において、痛みによって人の気質は変わるんですよ。すべて通り過ぎたら、以前よりも成長したマルク・マルケスになっているでしょうね。」

【マンダリカテストの際、2022年版ホンダ機について『(これをすぐに乗りこなせるような)錬金術などは存在しない』と言っていたが…】
「絶対効果のある錬金術のようなものを手に入れるには、とにかく、何kmも走り込まないと。マンダリカでの錬金術の効果は、当初は低かったけど、その後、高くなり始めてましたよ。なかなか面白い効果が見え始めているし。ただ、とにかく慣れていかないと。
当然、孤立奮闘しているわけではなく、バックにはエンジニア陣がサポート態勢で控えてくれてますしね。マンダリカテスト中、望むものは全て用意してもらえたんで、錬金術の効果は出てきています。」

【完璧な効果の錬金術を身につけられそう?】
「そのためには、まず、自分の身体の方を復調させないと…トレーニングを再開できたのは、1月中旬からですからね。
身体の方が戻ったら、そう言う完璧な錬金術まであと一歩ってとこでしょうね。」

【何年もの間、ホンダ機はマルケス専用機と言われていたため、2022年版マシンが、当初、マルケス好みではなかったことに大勢が驚きつつも、他のホンダ選手らにも目を向ける姿勢が高く評価されていたが…】
「僕は、特定の選手のための専用機なんてものは存在しないと思っています。ただ、特定の選手やチームに能力があるとか、順応していく力があると言うことはあるでしょうね。
例えば、何年もの間、ホンダのマシンは同じようなものだったんですから。」

【なぜ変えられなかったの?】
「それで、タイトルを取り続けていたからです。メーカーは結果次第で動くものでしょ。
しかし、ホンダほどのメーカーが2年連続で、好結果に恵まれず…それは僕がケガをして、欠場していた期間などと合致し…
ホンダは『あり得ないことだ』と思いつつ…でも、きちんと対応し、すべての意見をもとにしながら完全に新しいマシンに作り変える技量を持ってますから。これまでもそうでしたしね。
僕の意見もポル・エスパルガロの意見も、それから、うちの弟やナカガミの意見も取り入れてね。
ただ、僕のライディングスタイルからすると、当初は強みを活かせないようなマシンだったんです。
でも、技術スタッフ陣と一緒に方向転換をし、乗りこなしていけるよう頑張ってるんですよ。マンダリカでは、そう言う作業をしてました。
僕はフロントの感触をしっかり掴みたいタイプなんで、その辺りの作業をしてたんです。」

★マルケス選手が『HondaRacingHRC』の3月1日付け動画で、次のように話した。

【今後10年間、どんな感じで進みそう?】
「ホンダ史に残るライダーになりたいと思ってます。これまで、共に多くの目標を達成でき、だからこそ、5年契約をしたわけですから。
今後の10年間、レースに参戦し楽しんでいきたいと思ってます。ずっとモトGPに居れるかどうかは分かりませんが…表彰台に上がれなくなったら、僕としては参戦する意味がないですから。」

(参照サイト:『Marca』)
(参照サイト:『Corse di moto』)
(参照サイト:『Gpone』)
(Photo & Video:Instagram)

マルケスは2022年版ホンダ機だと遅くなってしまうのか?って話は、note『2022 セパン&マンダリカテストまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥407
(2024/06/14 11:42:41時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. トーヤ より:

    レジェントは表彰台に上がれなくなったら余生を楽しんでください

  2. まもら より:

    いやもう現時点でホンダ史に残るライダー
    ホンダ史どころかモトGP史に残るライダー

  3. タディの星に願いを より:

    マルクが引退時期についてほのめかすのは初めて聞いたかも。 どうなんだろう、表彰台とれなくなってきても、表彰台目標ってことでずるずる走り続けたライダーもいたが・・まぁこれはレースに対するパッション次第だよね。 大体見えるのはホンダとマルクの間柄に信頼が固いので、移籍とかは考えになさそう。

  4. maxtu より:

    ブラドルのことも思い出してあげてください

    5年契約してから年間王者は無かったよね?
    長期契約は難しい

  5. としあき より:

    フレームまでセッティングパーツに近いHRCにとって
    やっぱりパッケージとしての専用機ってのはないんだと思う
    今回のモディファイはマルケスだって経験したことのない大変化だから
    去年みたいにザクセンリンクで2019年型フレームを使うみたいなのはもう無理かもしれないけど
    選手に指針があるとテスト期間内でもマシンを好みの方向に持っていけるわけで…
    勿論マシンを合わせるのと同じかそれ以上に本人が合わせていってる

    ブリヂストンからミシュランになろうが共通ECUになろうがウイングが付こうがチャンピオンになれたって適応力は
    なぜか忘れられがちな気がする

  6. たんぼ より:

    まあ、ドゥーハンとか見ればいくら怪我しても
    レースでアドレナリンが出ればスコーンと
    忘れるもんです(・∀・)
    つまりそういう気持ちが無くなったら
    引退でしょうね

  7. nav. より:

    前にも同じようなフレーズのコメントがあったような。相手がいないと当てつけっぽく聞こえないし、悪意のある見出しにもなりませんね。今シーズンは穏やかに幕開けしそうですね^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP