MotoGP

ドビツィオーゾ右手首複雑骨折、モトクロス転倒

『ドヴィツィオーゾ右手首複雑骨折、モトクロス転倒』

★12月10日、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(36才)がフェルモの町(地元フォルリーより200km南方)にあるモトクロスコースで転倒し、右手首を骨折した。

★ドヴィツィオーゾ元選手がフェイスブックに、次のように書き込んだ。

《今、モトクロスライダーの間のトレンドはこれ…骨折したら、世間に披露すること。
僕もモトクロスに片足突っ込んでる身なので、やはりトレンドに逆らうわけにはいかず、手首骨折って手札で勝負に出てみることにしたよ…もちろん、みごとな複雑骨折。

2時間ほど戦慄の時となったものの、それもゲームのうちだから。僕は大丈夫だし、一生引きずるようなケガではないってのが重要でしょ。
昨日、幸運にも出会うことができ、お近づきになれた人達には、今、感謝するタイミングなわけだし。

まず、Murri di Fermo病院のUOC病棟のランポーニ先生とスタッフの皆さんに感謝します。
僕の症状に詳しい方々と最終決定を下すにあたり、実に臨機応変、親身にオープンに対応してもらえました。
トラックに居合わせたライダーやサーキットスタッフの皆さんにも感謝します…転倒後の救出などで助けてもらいました。
[ -中略- ]
皆さん、本当に有難う。僕はちょっと静養するけど、1ヶ月後にはまたトラックで会いましょう…2023年復帰が目標なんで。》

(参照サイト:『Corse di moto』)
(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Mowmag.com』)
(参照サイト:『Motorcyclesports.net』)
(参照サイト:『Automotorinews.it』)

スッポ「スズキで実現させたい案が山ほどあったのに…」って話は、note『無料note』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP