MotoGP

ドビツィオーゾ分析『日本メーカーは、またタイトル争いができるようになると思う?』

『ドヴィツィオーゾ:日本メーカーは、またタイトル争いができるようになると思う?』

★アンドレア・ドヴィツィオーゾ(36才)は2008年にモトGPデビューし、2022年シーズン途中で引退した。
ホンダやヤマハ、ドゥカティ等のファクトリー/プライベートチームから参戦を続け、2017〜2019年にはドゥカティファクトリー機で総合2位となったものの、最終的にタイトル獲得は叶わなかった。
今後は地元近くのモトクロスサーキットを運営しつつ、自身もレースに参戦していく予定。

★ドヴィツィオーゾ元選手が、『Moto.it』の12月27日付けインタビューで次のように話した。

[ 中編はこちら ]

【ここ数年で、モトGPのライディングスタイルが激変したが…】
「『SKY』が過去のレースをけっこう再放送しているけど、最近の選手は身体を大きく突き出し、最強の走りっぷりを見せてますよね。
2〜3年前のレースで自分が優勝してる時の映像を見ると、マシンの上にしっかりまたがっていて…『なんか、かっこ悪いなぁ〜』って…あんなんで、よくコーナーで速い走りがでできてたもんだと…。
とにかく、今は大きく乗り出して走るじゃないですか…あまりにも身体を突き出してるもんだから、ちょっと肩を持ち上げたりしてね。」

【タイヤについては、どう思う?】
「かなり大きく影響してますよね。よくタイヤが非難されてるけど、仕方がないんじゃないんですか。
ライダーと言うのは、自分の走りを本当に信じていなければならないものだから、それでもし結果が出なければ、他に原因を見いださなければならないわけでね。」

【日本メーカーは、またタイトル争いができるようになると思う?】
「何年も後方に沈んだままで、かなり前から特定の事柄に適応できずにいて…けっこう、『物真似』に走ってますよね。現在、欧州メーカーの方がきちんと体制化されてるでしょ。
ヤマハやホンダは後方にいて…一冬程度で進歩することはできないでしょうね。」

(参照サイト:『Moto.it』)
(Photo:Instagram

なぜバスティアニーニはVR46アカデミーに入らなかったのか?…って話は、note『無料記事』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. キャメル より:

    F1で云う往年のメルセデス感が今のドゥカティにはあるよね。ヤマハ&ホンダが追い越すには4~5年掛かりそうだな。去年はスズキが良くなって来てたのに勿体ないなー(T^T)

  2. TAKUMI より:

    なんか何年も前から連続でヨーロッパメーカーがタイトルを獲得し続けているかのような言い様だな。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP