MotoGP

『ビニャーレスはトップガンになれると思う?』マヌエル・カゾー

『カゾー:ビニャーレスはトップガンになれると思う?』

★マーヴェリック・ヴィニャーレス(28才)は2015年にスズキファクトリーからモトGP昇格し、2016年に表彰台を4回獲得した(優勝1回、3位3回)。
2017年にヤマハファクトリーに移籍し、序盤5戦で3勝するものの、その後、タイトル争いに加わることなく、2021年シーズン途中に契約解除となる。
2021年終盤からアプリリアファクトリーに加入し、2022年は表彰台を3回獲得した(2位1回、3位2回)。

★2023年よりヴィニャーレス選手のチーフメカニックは、スズキ時代に担当していたマヌエル・カゾー氏になる。
同氏が3月2日付けインタビューで、次のように話した。

[ 前半はこちら ]

【貴方もヴィニャーレス選手もイタリア語は完璧だが、ピットボックス内では何語でコミュニケーションを取っているの?】
「イタリア語ですね。ただ、サスペンション担当の技術スタッフと話す時は英語です。まぁ、議論になってしまったら、スペイン語の方が自然に話せますけどねぇ。」

【ヴィニャーレス選手のライディングスタイルについて説明してくれる?】
「けっこうマシンから身を乗り出すタイプで、ある意味、マルケスに似てるでしょう。シートから大きく身を乗り出し、頭は下に傾けてね。
マーヴェリックは、私がこれまで見てきた中で、それほどミスを犯さずに限界ギリギリのところまで持っていけるライダーですね。
ブレーキングが最強なんですが、コーナー進入の終盤を改善する必要はあります…その辺はまだマージンがありますね。
加速は良好で…ウィリーに関しては、身体を上手く動かして対処してますね。」

【現在のモトGPは、マシンとライダーのどちらが違いを生み出していると思う?】
「例えば、ドゥカティ機の場合は8選手参戦しているが、違いを生み出してるのは1人だけですよね。
とは言え、マシンの重要性が増しつつあるのも事実ですけどね。」

技術レギュレーションは変更することになるの?
「多分、エアロダイナミクスと各種下降デバイスのせいで、見ごたえが減ってきていると思うんですよ。
テクノロジー的に見ても、市販機にとってそれほど有用ではないようだし。」

【ヴィニャーレス選手は『トップガン』になれると思う?】
「私は、なれると思ってます…彼なら出来るって信じてるし、うちは目標を高く掲げてるんでね。
毎回レースが終わったら、『今回も全力で頑張った』って気持ちで帰宅するようにしないと。それができたら、絶対にベストリザルトが出せますよ。」

[ 完 ]

(参照サイト:『Moto.it』)
(Photo:Instagram

アプリリアが手を入れている点…2つ目はカウル下部って話は、note『2023年セパンテストまとめ 欧州メーカー編』でどうぞ!

created by Rinker
パラマウント
¥2,640
(2024/06/19 21:32:57時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP