MotoGP

ブラドル説明『現在、ホンダのマシン開発はどんな風に進んでいるの?』

『ブラドル:現在、ホンダのマシン開発はどんな風に進んでいるの?』

★ホンダはNo.1ライダーだったマルク・マルケスがドゥカティグレジーニに移籍してしまったが、2024年は優遇措置が適用されるためマシン開発に期待が持たれている。

★ホンダのステファン・ブラドル(テストライダー)が、先日、独サイト『Speedweek.com』のインタビューで次のように話した。

【現在、ホンダのマシン開発はどんな風に進んでいるの?】
「物事をどちらの方向に進めていくかに関し、僕は一人のライダーとして影響力はあまり持っていないんですよ。
11月にヘレスでテストを行った際、ヴァレンシアテストで正規選手らがどんな感想だったのかが分かって…ザルコにもマリーニもミールも、ポジティブなフィードバックだったそうなんですよ。
それで(スタッフ陣から)、『君がやっていることは正しいんだよ」って言われました…正規選手らのコメントと一緒だったんですからね。
何か試しては、一番最初にコメントしてるのは僕であり…僕は感じたままを言ってるんで。
各選手、伝え方とか表現の仕方はまちまちだけど、結局、理論的には同じことを言ってたわけです。
同じように感じるって、大切なことですからね。
僕らライダーは一緒に決定を下すべきなんですよ…でなければ、エンジニア陣のアイデアがまとまりませんからね。」

(参照サイト:『Mowmag.com』)
(Photo:Instagram

いかに日本メーカーが再スタートを切るかが楽しみ!…って話は、note『ヴァレンシアGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥979
(2024/02/28 07:49:20時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. nanasi より:

    ブラドルの意見はマルケスに否定されることが多かったからね
    これでホンダが向上してブラドル再評価に繋がるか否か

  2. 851 より:

    > 僕らライダーは一緒に決定を下すべきなんですよ…

    大事なところですね。

  3. とし より:

    ところで中上選手の名前が無いんだけど。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP