MotoGP

茂木の機材、豪に輸送は問題なし

モトGP『フィリップアイランドへの輸送は問題なし』



次回10月16日に開催されるフィリップアイランドGPに関し、機材などの輸送に問題なしと見られている。
オーストラリア当局が放射能汚染を恐れ日本からの機材輸送の受け入れを拒否するのではと危惧する噂がパドック内では飛び交っていた。

MCNによればIRTAおよびドルナ社では噂を否定しており、IRTAでは次のような声明を出している。
『オーストラリアへのチーム機材輸送に関し、オーストラリア当局が制限を課してくるだろうとの発言がなされているが、当団体ではこれを根拠のない流言であると明言する。』

また、ドルナ社からも次のように加えられている。
『日本からの機材輸送に関し何ら問題が生じないことを伝える。オーストラリア当局からも特に制限、規定措置を取らない旨、また、日本の運輸会社からも当方が使用する空輸便になんら制限は科せられないことが確認されている。』



(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Motograndprix 2011年10月04日


ホッと一安心…クリックPrego
人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. 静凛 より:

    4輪の話ですが、友人が経営しているショップで8月だかにイースタンクリークだったかな?に特に問題なく搬送し、現地で「ワールドタイムアタック」をしていましたが・・・関東以北のショップがあったか定かではないですが、特に友人もそんなこと言っていませんでしたが・・・ですが友人の全日本某選手はフェリーに車両を乗せる際に放射能チェックされたらしいです(国内の話です)
    なので、ひょっとしたらオーストラリアに搬送する際もそれくらいはあったのかもしれませんが・・・

    F1ではレッドブルが「日本の食糧たべない(その後公式に否定)」くらいしかニュースにならないのに・・・(ヨーロッパではなっているんですかね?)

  2. 栃木県民 より:

    噂でも、そういう話が出るのは仕方ないのでしょうね。
    東日本の食べ物は収穫の際に検査され、
    放射能検査が現在進行形で行われているのは事実ですから。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP