MotoGP

N.ヘイデン:手首手術終わりベッドからご挨拶

モトGP『ヘイデン、手首を手術』




最終戦ヴァレンシアGPでの第1ラップで起きた玉突き転倒事故により右手首を負傷したニッキー・ヘイデン選手が、カリフォルニアで手術を受けた。
ドゥカティによれば、舟状骨固定のため小さなボルトの挿入手術が行なわれたとのこと。
ヘイデン選手のコメントは次の通り。
「すべて順調に行きました。手術して良かったですよ。これでコースに復帰する際には準備万端な状態でいられますから。
舟状骨と言うのは骨折が完治するのに非常に時間のかかる部位なんで、のんびり治るのを待ってなんかいられなかったし、万が一、1月にマシンに乗れないなんてことになったらねぇ。」
今回の手術を執刀したのは『Fremont Sports Therapy and Surgery Center』のアーサー・ティング医師で、茎状突起の骨折は処置されなかった。

今後、ヘイデン選手は着脱式ギブスをはめ、骨形成促進装置を4週間使用し、検査を受ける予定。
来年1月31日からマレーシアのセパンで始まる冬期テストには100%の状態で復帰できると、同選手も自信を持っている。




(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Sport MEDIASET 2011年11月15日 真 )




ヘイデン選手って、確か、前も手術着姿で愛想良くポーズを取っていた記憶があるんですが…
気さくな方なんでしょうね。



ヘイデン選手に、快復祈願クリックPrego

人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. masakazu より:

    ヘイデン選手は日本GPの予選後の握手会の時も他のライダーが放射能を嫌ってかなかなか握手会会場に出てきてくれない中、1人で他のライダーよりも10分位前に出てきてくれて終始笑顔でファンサービスしてくれていました!本当に日本が好きなんだなーと感じました!

  2. kyonkyon_2011 より:

    ニッキー
    足キレイ(≧∇≦)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP