CRT

M.パジーニ:イアンノーネ・チームからCRT/モトGP参戦

モトGP『パジーニ、モトGP入り達成』




マッティア・パジーニが今季も走り続けることとなった…いや、それどころか大した昇格となったのだ。
アンドレア・イアンノーネ選手のスピードマスター・チームからの参戦となり、イアンノーネ選手がモト2クラスでタイトルを目指す一方で、パジーニ選手はCRT機でモトGP参戦することとなった(昨年所属していたチーム・イオダでは、好成績だったクラウディオ・コルシ選手の方を評価したのだ)。
マシンはAprilia Artで、実質的にはスーパーバイク世界選手権でマックス・ビアッジ選手が使用しているエンジンと同パワーのものとなる。また、フレームはプロトタイプとなるものの、市販のそれとはさほどかけ離れたものにはならない。

このオフシーズン中、パジーニ選手はシート探しに苦労し、チーム所属のライダーの契約をスムーズにしてくれるようなスポンサー探しと言うのは、もはや生易しいことではなあい。オーストラリア人ライダー、アンソニー・ウエスト選手などはCRT機での参戦がほぼ決定していたはずであったが、結局、叶わずに終わっている。
パジーニ選手の参加によりCRT枠は完璧と言うところだろう…しかし、いまだ多くのマシンの準備が整わず、本当にデビューできるかどうか疑わしい状況だ。




数日後のセパン・テストにコーリン・エドワーズ選手が参加すると言うのは、ただの偶然ではないのだ。
チーム・フォワードのスッター/BMW機にとっては初の公式テストとなるセパンだが、パジーニ選手の参加は間に合わないものと見られ、その後のヴァレンシアでテストが行なわれることになるだろう。
イタリア人選手としてはミケーレ・ピッロ選手が我慢のしどころで、チーム・グレジーニよりFTR/ホンダのCRT機で参戦が決まっているのだが、マシンの準備が整うのは2月中旬と見られている。


(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Mediaset.it 2012年01月27日



このスピード・マスターってロッシ心の友ウッチョさんが仕切ってるチームだし、イアンノーネ&パジーニと言えば最近はすっかりロッシ・ファミリーのメンバーとして私設トレーニングコースなんかの常連さんになっていることを考えると…ちょっと互助会みたいな感じになってるんでしょうかねぇ。



ロッシ・ファミリー、みんな頑張れ!!クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP