MotoGP

ホンダ、シモンチェッリ家にマシンを寄贈

モトGP『ホンダがシモンチェッリにマシン寄贈』

honda-dedica-moto.jpg


来週のムジェッロGP開催中、ホンダがマルコ・シモンチェッリ追悼に特別企画を用意している。
7月14日(土)午後2時30分、チーム・グレジーニのホスピタリティ・スペース前で、ホンダHRC副社長の中本修平氏およびホンダ・ヨーロッパ2輪部長の加藤みのる氏によりパオロ・シモンチェッリ氏(マルコ父)に特別マシン2台が贈られる予定。
1台は昨シーズン、マルコ・シモンチェッリ選手が操縦していたモトGP機RC21V。そして、もう1台の『スーパー・シッチ』のカラーリングをベースにしたCBR1000RR機>は、量産車モデルの特別バージョンでオークションに出品され、収益金はマルコ・シモンチェッリ協会へと贈られる。

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Gpone 2012年07月07日



人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です