Moto2 category

アブラハム『ロッシに抜かれて驚いた』、コルティWSB最終戦…etc:今日のできごと


日本の皆さん、三連休の初日はいかがお過ごしですか?
イタリアも本日は気持ちの良い秋晴れで、さすがに引きこもりの管理人も散歩に行きたい気分です♫
それでは『ほぼ今日のできごと』行ってみますか!

『アブラハム:あっさりロッシに抜かれて驚いた』

motograndprix-aragon-abraham.jpg ★先のアラゴン戦でヴァレンティーノ・ロッシ選手が第1コーナーでコースアウトしたため、レース序盤ではカレル・アブラハム選手の方が大幅にリードしていた。しかし、ロッシ選手が追い上げて来た際、あっさりと抜かれてしまい、結局、ロッシ選手の後、9位でゴールしている。

★アブラハム選手のコメント
「自分のレース結果には満足している。面白かったし、チームに好リザルトももたらすこともできた。確かに、ロッシ選手に少しもついて行けなかったのには少し驚いている。僕のマシンよりとにかく速くて…ついて行こうとおもったら、もの凄い危ないことになった。やってはみたけど、僕の方はかなり遅くにブレーキをかけなければならなかったし、コーナーではもうちょっとで転倒するところだった。」

[日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:MOTOGRANDPRIX 2012年10月03日記事より抜粋]


いや〜んぅぅ…アブラハムが驚いたことに驚いたよ…
ただ、上の記事によれば同じデスモセディチ機でワークスがそんなに違うとは思わなかったと言う話らしいんですが…
んぅぅ…いや、やっぱり違うだろう…かなり。


まぁ、競争世界ですから他の選手と能力やマシンを比較して一喜一憂するのは当然のこと…
はい、そう言う意味でもう1人…がっかりしてる選手がおります。

『バルベラ:スピースより僕の方がドゥカティに相応しい』

motocuatro-barbera.jpg ★ヴァレンシアGP公式ポスター発表会に参加していたエクトル・バルベラが『Motocuatro』サイトのインタビューに答えた。

★2013年はチームBQR入りがほぼ確定しているが…
「来年は全マシンがもっと互角になってくれることを願っている。ブレーキと電装系システムが一緒になって…あと違うのはシャーシとライディングだけだ。」

★ドゥカティがベン・スピースとアンドレア・イアンノーネを起用したが…
「興味深い話だ。(スピース選手はヤマハワークス機に乗っているに関わらず、バルベラ選手がケガをするまではわずか4ポイント差だったとしながら)多分、僕の方が相応しいと思う。」

★ケガについて
「調子が良い時にケガをしてしまった…。(先のアラゴン戦では)ギアに問題があったが良い手応えだった。この数ヶ月の半休業状態を切り替えることが重要。残り4戦、自分の最高レベルを引き出して、できるだけ良い結果で終えなければ。」

[日本語翻訳:La Chirico / 西語記事: Motocuatro 2012年10月02日記事より抜粋]


さて、来年の行き先もほぼ決まったバルベラ選手ですが…
他の選手で決まった人、決まりそうな人、一気に行ってみますか!
ソースはほとんどイタリア大手『Gpone』サイトであります!!

★アレックス・エスパルガロ&ランディ・ド・プニエ:2013年もチーム・アスパーよりART機でモトGP参戦。

★カレル・アブラハム:2013年、チーム・カルディオンのままART機でモトGP参戦。

★コーリン・エドワーズ:チーム・フォワード継続。なお、同チームではもう1名選手を探している。

★ダニーロ・ペトルッチ:2013年末までイオダ・レーシングと契約済。同チームでは参戦マシンを増やしたい意向。

★ポール・バード・モータースポーツ(2012年はジェームズ・エリソン起用)では来季2名起用を希望しており、候補はシェーン・バーン、トミー・ヒル、サム・ローズ。エンジンはアプリリアのままで、シャーシは英国製GPMSを考えている。

★フリアン・シモン:2013年、クラウディオ・コルティの後任としてチーム・イタルトランスよりモト2参戦の兆しあり。シモン選手はカレックス機を熱望しているが、現在所属のブルーセンス・アヴィンティアよりCRT機でのモトGP昇格の話もある(その場合、バルベラ選手とチームメイト)(MOTOGRANDPRIXより)。

★ルイ・ロッシ:2013年、Tech3よりブラッドリー・スミスの後任としてモト2参戦。

★マーヴェリック・ヴィニャーレス:チーム・ブルーセンス・アヴィンティアと2年契約。2013年はモト3クラス、2014年はモト2クラスに参戦予定。

★ヨナス・フォルガー:2013年もチーム・アスパーよりモト3参戦。

★イヴァン・シルヴァ(チーム・ブルーセンス・アヴィンティア)はミザノ/アラゴン戦でデヴィッド・サロムと交替させられていたが、茂木戦より再びシルヴァ選手が走る。理由はシーズン序盤にシルヴァ選手がマシン開発に加わっているため、残り4戦を来季に向けてのテストとして走るには適任だろうと。
しかし、サロム選手はWSBのペデルチーニ・チームを途中降板して(この代役として最終戦クラウディオ・コルティが出走)代役を引き受けていたため進退窮まる状態となってしまった。


そのデヴィッド・サロム選手…やっぱりツイッターで少々愚痴っとりました。

《モトGP終盤レースに出られない旨、たった今、連絡があった。リザルトが良くないのは確かだが、状況も良くはなかった。
なんて言えば良いものやら。チャンスを与えてもらった事には感謝しているし、また次の機会があるようトレーニングを続けるよ。
最悪なのは、誰とも遺恨を残さないよう自分の心情を全てさらけ出せないこと…この件に関する真実すべてもね。》


上記以降のツイートでも《WSB最終戦を出ないのは自分の意志だから後悔はないけど、モトGPの方は寝耳に水だったから驚いた》と。また、お金の問題がドロドロしてるんでしょうかねぇ…
おっと、それで…そのサロム選手の代役としてまさに今スーパーバイクで走ってるクラウディオ・コルティ選手。事前にこんな風に語っとりました。

『コルティ:WSBで有終の美』

gpone-corti-wsb.jpg ★先日、チーム・イタルトランス(モト2)と決別したクラウディオ・コルティが、WSBマニクール最終戦にチーム・ペデルチーニ(カワサキ)から参戦することが決まった。

★コルティ選手コメント
「家族ぐるみの付合いのおかげで、今回のチャンスがつかめた。日曜、フランスで走るのが楽しみ…ただし、スーパーバイクには2008年以来乗ってないし、伊スーパースポーツ杯ではヤマハに乗っていたのだが。とにかく楽しみたいし、過去のことは忘れて学びたい。
マックス(ビアッジ)とは交流はないが、マルコ(メランドリ)とは友達だ…まぁ、普段はイタリアを応援しているが。マルコは…もうギャップも大きいからタイトル獲得はほぼ不可能だろう。イタリア機でマックスが勝てば、こう言う不況の中、国にとって栄誉なことだ。
マニクールは知ってるコースだし、良い思い出もある。ただ、少し愛憎入り乱れていて…2005年にはヨーロッパ・スーパーストック600でタイトルを取れたが、2007年のスーパーストック1000FIM杯ではたった4ポイント差で逃してしまった。」

[日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Gpone 2012年10月03日記事より抜粋]


一応、FP2での成績はこんな感じ…
あっ、今、TVで予選中継やってるんですが《コルティ選手、14位》って言ってた…

01- Marco Melandri – BMW Motorrad Motorsport – BMW S1000RR – 1’38.152
02- Tom Sykes – Kawasaki Racing Team – Kawasaki ZX-10R – + 0.048
03- Carlos Checa – Althea Racing – Ducati 1198 – + 0.413
04- Jonathan Rea – Honda World Superbike Team – Honda CBR 1000RR – + 0.517
05- Max Biaggi – Aprilia Racing Team – Aprilia RSV4 Factory – + 0.517
06- Sylvain Guintoli – PATA Racing Team – Ducati 1198 – + 0.530
07- Leon Haslam – BMW Motorrad Motorsport – BMW S1000RR – + 0.547
08- Davide Giugliano – Althea Racing – Ducati 1198 – + 0.622
09- Loris Baz – Kawasaki Racing Team – Kawasaki ZX-10R – + 0.691
10- Eugene Laverty – Aprilia Racing Team – Aprilia RSV4 Factory – + 0.826
11- Michel Fabrizio – BMW Motorrad Italia GoldBet – BMW S1000RR – + 0.838
12- Claudio Corti – Team Pedercini – Kawasaki ZX-10R – + 0.839
13- Leon Camier – FIXI Crescent Suzuki – Suzuki GSX-R 1000 – + 0.853
14- Chaz Davies – ParkinGO MTC Racing – Aprilia RSV4 Factory – + 0.901
15- Lorenzo Zanetti – PATA Racing Team – Ducati 1198 – + 1.024
16- Maxime Berger – Red Devils Roma – Ducati 1198 – + 1.151
17- Ayrton Badovini – BMW Motorrad Italia GoldBet – BMW S1000RR – + 1.278
18- Hiroshi Aoyama – Honda World Superbike Team – Honda CBR 1000RR – + 1.598
19- John Hopkins – FIXI Crescent Suzuki – Suzuki GSX-R 1000 – + 2.386
20- Alexander Lundh – Team Pedercini – Kawasaki ZX-10R – + 2.730
21- Norino Brignola – Grillini Progea Superbike Team – BMW S1000RR – + 4.309


どっかの石油王がモトGPにドカンと出資してくれないかなぁ…クリックPrego
人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP