MotoGP

ヤマハ新M1公開はヘレステストかカタール開幕戦…

ヤマハレーシングチームのインドネシア・プロモーションツアーが始まったようで
ツイッターなんかにも続々と、ロッシ&ロレンソ選手の写真が上がってきましたね!!
もちろん、各サイトから記事も出始めてまして…
んじゃ、軽〜く行ってみますか!!

モトGP『ホルヘ&ヴァレ:なかよし作戦』

motosprint-yamaha.jpg


★ホルヘ・ロレンソ、ヴァレンティーノ・ロッシらヤマハレーシングチームがインドネシアのジャカルタで、アジア方面ディーラー(現在はアジアは重要な市場と見なされている)らのメガ・コンベンションに出席した。

★ジャカルタから送られてきた写真には、親指を立ててポーズを決めるロッシ&ロレンソ両選手が写っており、特に、ロレンソ選手は両手の親指2本とも立てている。また、両選手が笑顔のリン・ジャービスマネージャーと肩を組んでいる写真等もあり、ヤマハ内では『なかよし作戦』が始まったと言うところか。

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:2013年01月25日 Motosprint.it記事より抜粋)


え〜と、上の記事にあった『両選手が笑顔のリン・ジャービスマネージャーと肩を組んでいる』写真と言うのは、下のやつでしょうな。
それでは、ついでにコメントなんぞもこちらから。

モトGP『ロッシ:もうかなりの間、優勝してない』

motoit-yamaha.jpg


★ジャカルタでのヤマハ・プロモーションツアーにて、ヴァレンティーノ・ロッシとホルヘ・ロレンソが公の場で初めてチームメイトとして一緒に行動している。また、今回初めて、ヤマハ・インドネシア『Semakin di Depan(一歩前へ)』の新ロゴも披露された。

★ヴァレンティーノ・ロッシのコメント
「家族のもとへ帰ってこれて本当に幸せです。またM1機に乗るのが待ち遠しい。ヤマハのワークスチームは今年、僕とホルヘでもって非常に強くなると思っています。
自分自身に関しては、今のところは少し落着いて、初回テスト後はどの程度のレベルにいるかを把握しなくては。僕がモトGPで最後に優勝したのは2010年のことで…だから、僕の目標としては、できるだけ早く表彰台に上がること…それから、レースに優勝することです。」

★ホルヘ・ロレンソのコメント
「ここに来るのは大好きで、天候はいつも素晴らしいもので、現地の皆さん同様に暖かい。落ち着けるんですよ。
タイトル争いでは自分の力を再度証明できるような大きな可能性があると思ってます。いつも通り厳しいものになるでしょうが、モトGP以上に凄いクラスなんてないですからね。ただ、自分らの可能性に関しては確かにあると思っているし、僕らは優勝候補の中に入ってますよ。
2013年シーズンはポジティブな印象です…ヴァレンティーノ参入は良い事だし、本当に強いチームになったでしょ。彼が本当に才能あるライダーだってことは分かってますから。」

★リン・ジャービス(チームマネージャー)のコメント
インドネシア訪問も、大勢のヤマハやチームのファンの皆さんにお会いするのも素晴らしいですね。今年はホルヘとヴァレンティーノをまたチームメイトとしてスーパーヤマハチームに迎え入れ、新シーズンを戦っていくべく新グループを編成しました。今回は当チームの選手両名と初めて一緒になり、素晴らしい機会となりました。

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:2013年01月25日 Gpone記事より抜粋)


こんな写真もありましたが…
んんん〜〜なんか…ロッシ選手…目が笑ってないような…

yamaha-rossi-jorge.jpg

ツイッターやフェイスブックに上がってくる写真を見ていても、インタビューやら撮影やらを次々にこなしていくロッシ&ロレンソ選手でありますが…
おっ、合間に息抜きもしてるようですな。

《リラックス・タイム!!!!》

《自由時間 in ジャカルタ。どちらが勝ったかは一目瞭然!》

し、しかし…忙しいせいか…食事は…

《さあ、メシだ!!!!》

そして、食後はシエスタ…

ロレンソ選手も陥落…

《発表と発表の合間に…》


そうそう…そう言えば、ロッシ心の友ウッチョさんが意味深ツイートをしてたんですよ…

《ヤマハ・ファクトリー・レーシングチームのプレゼンテーションはカタール開幕戦か、IRTAのヘレステストになるかなぁ。》



同ツイートに関してはイタリア大手サイト『Gpone』も、《ニュースとしての信憑性はあまりない》としてるんですが…
さぁ〜て、どうなるんでしょうかねぇ…


なかよしクリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP