MotoGP

ビアッジ『ロッシは手品師以上』、ロッシ『僕のことは僕が一番知ってる』

今週末に開幕されるスーパーバイク世界選手権で、なんとTV解説をやることになったマックス・ビアッジ大先生。
ビアッジ大先生と言えば…ヴァレンティーノ・ロッシ選手との確執は有名でして…
最近は互いにツイッターでフォローし合うようになって、少しは歩み寄ってる気配なんですが…
最近、またビアッジ大先生の方から、こんな発言がありましてね…

mediaset-biaggi.jpg 《ライバル関係と言うのはこのスポーツにとってプラスとなったわけだし、(ロッシ選手は)それを世間に知らしめたでしょ。彼の方が僕よりしたたかで、それを上手く活用していた…別のクラスで走ってる時から敵対してきてたからね。僕はね、ヴァレンティーノ・ロッシと言うのはデビッド・カッパーフィールド(プロマジシャン)以上に器用なんじゃないかって良く言ってるんですよ。だって、2年間もドゥカティで低迷しながら、今年は世界チャンピオンと同じマシンに乗れるんだから。(2013年02月21日Mediaset記事より抜粋)》

おっ!
余談ですが…上のコメントの中でビアッジ大先生も「ストーナー選手の引退はショックだった…まだ若いからね。本当の理由は本人だけが知ってるとして…多分、遅かれ早かれ戻って来るんじゃないかなぁ。」って言ってるわ…
あっ、いや、話は戻しまして…
まぁ、ここまではいつものことなんですが…
今回は、なんと!
この続き…と言いますか…ビアッジ大先生から釈明ツイートが出されたんですよ…

《@valeyellow46のことをカッパーフィールドみたいだって言ったのは、あくまで褒め言葉であって。カッパーフィールドみたいなマジシャンでもない限り、2年後にこれほど盛り返せないだろ。》

《当然のことながら厳しいわけだしね。@lorenzo99と一緒に世界チャンピオンマシンのヤマハに乗るなんて、不利も良いところだったわけだろ。2人の健闘を祈るよ。》



え〜と、上のビアッジ発言とは直接関係ないんですが…
最近、ロッシ選手が出したインタビュー記事の抜粋がまたまたサイトに出てましたんで、ご紹介しますね。

モトGP『ロッシ:僕のことは僕が一番知っている』

as-rossi-motosprint.jpg ★第1回セパンテスト後に行なわれた『Motosprint』伊誌によるヴァレンティーノ・ロッシインタビューより一部抜粋。
「もう強くなんかないし、引退した方が良いだろうって言われてるけど、結局、実際のところどうなのかを知ってる人間は僕しかいませんから。
M1機って言うのは標的にされるような強いマシンですよ!脇を締めて乗ってないと、良く地面を摩ってしまってね。2010年の時もコーナーで強いマシンだったけど、今ほどじゃなかった。多分、ドゥカティ機とはそこが一番の違いですね。
【ドゥカティでの2年間については】それほど残念がってません…試す価値はあったと思ってるんで。ドゥカティに移籍するのにヤマハから出るって言うのは良い決断だったし…あの時、ドゥカティが確約してくれたことを思えばね…。それにドゥカティに乗って勝てたら素晴らしかっただろうし。全面的にがっかりはしてません…試す価値はあったわけですから。ただ、がっかりしている面もあることはある…全く改良できずに時間を無駄にしてしまいましたからね。ある時点から2年が過ぎ、たとえ勝てなくても改善できていたら、それで1つは果したわけで…僕らは最悪でしたが。僕は勝つ為のマシンを作るのに…タイトルを取る為のチームを作るのに何をすべきか知っている…多分、ドゥカティではそれが悩みの種になってしまったんじゃないかなぁ…どうすべきか僕が知っているってことが。
(今年は)スペイン支配体制に挑むのは僕1人なわけで…それが有利に働くかもしれないですね。もし僕が前に出たなら、各スペイン選手は他のスペイン選手が1位でゴールするよりは辛くないわけでしょ。もしかしたらロレンソ選手は、あまりそう言うことは感じないかなぁ。」

(日本語翻訳:La Chirico / 西語記事:2013年02月20日 as.com記事より抜粋)



引田ロッシ功クリックPrego

人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. ペロ より:

    ロッシはすごい
    でもドカ移籍でわかったのは
    ・ロッシの開発能力だけじゃマシンは速くならない
    ・ドカの開発能力はヤマハ以下
    ・ストーナーはすごい
    ってことですよね
    それとも単にロッシ=ヤマハの相性が良かっただけ?
    ビアッジはイヤミだけど正論
    今年が楽しみ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP