MotoGP

テキサス工場爆発:ロッシ飛行機キャンセル、毒性雲に懸念

モトGP『テキサス:工場爆発はサーキットから160km、毒性雲に懸念』

infullgear-fabbrica.jpg


★テキサス州ウェーコより30kmに位置する肥料工場で起きた大規模な爆発は、いまだ原因が解明されておらず、現在は火事により新たな爆発の可能性もあり、救急車や消防隊の到着を妨げる事態が危惧されている。

★市長らは次のように話している。
「まるで原爆が爆発するのを見ているようでした。大きな音がした後、巨大な火の玉と共にキノコ雲が広がりました。周辺数kmにある住宅や建物はなぎ倒されてしまいました。」

★犠牲者の数は警察の捜査によれば15名ほど、一方、地元の報道によれば50名以上と言われている。また、上空に広がった毒性の煙霧による汚染も懸念されている。

★今週末のテキサスGP開催地であるCotA(Circuit of the Americas)は爆発現場より160kmの地点に位置している。

★一般市民が撮影した爆発時の映像




[Source:Infullgear 2013年04月18日記事より抜粋]


記事内に書かれている『キノコ雲』なんですが…
あっ、ツイッターで写真が上がってますね。

《オースティンから162kmにあるウェーコ最寄りのウェストのショッキング画像。被害を受けられた皆さん心よりお見舞い申し上げます。》


そして、この爆発事件に関連しては…
まず、飛行機のキャンセルが起きたようで、早速、こんなニュースが出ております。

《シカゴからテキサスのオースティン行きの便がキャンセルとなったため、ヴァレンティーノ・ロッシが急遽、ヒューストンへと飛び、ダヴィデ・ブリヴィオと共に自動車で2時間かけてサーキット入りすることとなった。恒例プレスカンファレンスにはロッシ選手の代わりにリン・ジャービスマネージングディレクターが出席した。
(Source:Gpone 2013年04月18日記事より抜粋)》

この記事の最後には、《プレスカンファレンスにはCotAのスティーブ・セクストン代表も出席し、毒性雲によるGP開催中止に関する噂について回答した。》とも書いてありまして…
とりあえず、なんて回答したのかは書いてないんですが、今のところGPキャンセルのニュースは全然出ていないようです。

でも、やはり選手の方では不安な気持ちでいるようです…
以前、放射能汚染を危惧し茂木GPを棄権したクラウディオ・コルティ選手が次のようにつぶやいとりました。

《今度は毒雲かよ…》





GP無事開催祈願クリックPrego
人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP