MotoGP

ロレンソ転倒、左鎖骨骨折:2013アッセンGP

読者の皆さんも既にご存知かと思いますが、フリープラクティス2回目のラスト25分と言うところで、ホルヘ・ロレンソ選手が転倒してしまいました。
当初、ロレンソ選手が手首を押さえていた事から、そちらの骨折が危ぶまれていたのですが…
検査の結果、左の鎖骨が骨折している事が分かりました。
まず、こちらが転倒した際の映像です。



そして、こちらが事故の経緯と、医師のコメントです。

『ロレンソ:時速238kmで転倒』

motoit-lorenzo-assen.jpg


★ホルヘ・ロレンソが時速238kmで転倒。

★完全にウェット状態のアッセン・コース内の高速ゾーンを第5速で走行中。走行ラインから膨らみ過ぎ、特に滑りやすい白線に接触し、マシンのコントロールを失った。

★ロレンソ選手はマシンから放り出され、左鎖骨を強く打ち付けた後、コース路面から芝生へと滑って行った。

★ハヴィエル・ミール医師のコメント。
「ホルヘ(ロレンソ)は神経系統の損傷はないようで、アッセンの病院で頭部から腹部への検査を受けているところです。当初の検査により左鎖骨の骨折が判明しており、これは手術する事になるでしょう。ただ、他の損傷がないかどうかを確認するまで、少なくとも24時間経過を診る事になります。明日、バルセロナへと帰国し、48時間後に手術する事となるでしょう。」
(Source:2013年06月27日 Moto.it記事より抜粋)

mediaset-lorenzo-assen.jpg


★ロレンソ選手はアッセン戦欠場となり、7月14日開催のザクセンリンク戦での復帰を目指すこととなる。

★早期回復に向け時間との戦いになるわけだが、チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシも次のように述べている。
「不可能ではないですよ。ザクセンリンクまでに何とかなるかもしれません。鎖骨の骨折はそれほど複雑なものじゃないんでね。」
(Source:2013年06月27日 Mediaset.it記事より抜粋)

motocuatro-lorenzo-assen.jpg


★ヤマハのチームスタッフのコメント。
「(病院内でロレンソ選手が泣いていたが…)腹を立てて泣いていたんであって、痛いからじゃないです。チャンスを失ってしまった事に対して泣いていたんであって、骨折したからじゃないです。」
(Source:2013年06月27日 Motocuatro.com記事より抜粋)


千羽鶴クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP