MotoGP

2013ブルノGP【FP1経緯】:モトGP・モト2・モト3

モトGP『ブルノFP1の経緯』

gpone-brno-fp1-motogp.jpg


★ホルヘ・ロレンソが序盤から強いプッシュで1分56秒762を刻み、首位タイムを獲得。なお、1分57秒の壁を唯一破りながら、それで5周回をこなしている。

★ヴァレンティーノ・ロッシは2週間前に同コースでテストを行なっているにも関わらず、5位(+0.545)。各セクターで約0.2秒づつ遅れている。

★ドゥカティ勢トップは8位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(+1.232)で、今回、マシン2台ともに第3進化型シャーシを使っている。

★ワイルドカード参戦のマーティン・バウワー(オーストリア出身、チームRemus)は22位(+4.743)。
(Source:2013年08月23日 Gpone記事より抜粋)

モト2『ブルノFP1の経緯』

gpone-brno-fp1-moto2.jpg


★チェッカーフラッグと共にポル・エスパルガロが2分03秒125を刻み首位に躍り出た。

★セッション大半で首位を走っていたトーマス・ルーティが、終盤にタイムを伸ばせず2位(+0.353)。

★インディアナポリス前戦で優勝したティト・ラバトが3位(+0.470)。

★イタリア勢トップはシモーネ・コルシ7位(+0.747)。

★上位の常連選手では、タカアキ・ナカガミ11位(+1.253、終盤に技術トラブル)、総合首位のスコット・レディング14位(+1.355)の遅れが目立つ。
(Source:2013年08月23日 Gpone記事より抜粋)

モト3『ブルノFP1の経緯』

gpone-brno-fp1-moto3.jpg


★マーヴェリック・ヴィニャーレスがチェッカーフラッグと共に2分09秒936(唯一、2分10秒の壁を破る)で首位を獲得。

★足首不調で松葉杖をついているルイス・サロムが2位(+0.017)。インディアナポリス前戦で優勝したアレックス・リンス3位(+0.447)。

★イタリア勢トップはアレッサンドロ・トヌッチ5位(+0.856)。

★イザック・ヴィニャーレスは技術トラブルでボックス待機。
(Source:2013年08月23日 Gpone記事より抜粋)

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP