SBK SuperBike

SBK ニュルブルクリンク大事故:レイ&バズ経過は順調!

ニュルブルクリンク戦で起きた大事故の続報です。
まずはジョナサン・レイ選手の写真ツィートから。

《みんな、勇気づけられるメッセージありがとう。戦い続けようってモチベーションが高まってくるよ!》

★先週末に行われたSBKニュルブルクリンク戦のレース1の最中、第8コーナー上のオイルで滑り転倒し、左大腿骨を骨折したジョナサン・レイが手術を終えて退院した。回復には6〜8週間を要する。

★一方、ロリス・バズ(カワサキ)はウォームアップで転倒し、レース1・2を欠場した。背骨の骨折と診断され、予想されていたほど重篤な状況では無い。2週間後に行われるトルコ次戦から再出場が可能。

★レイ、バズ両選手共に今年で契約が切れる。バズ選手はまだカワサキからの返答がなく、当初は先週の土曜日の夜に伝えられるものと見られていた。
レイ選手は既にホンダが契約書に記入済みながら、新しいチームからの具体的なオファーを待ちつつ様子を伺っている。

レオン・キャミア(スズキ)に関する続報は、まだ出ていない。

(Source:2013年09月03日 Gpone 記事より抜粋)


上の記事でも扱われているロリス・バズ選手(スーパーポールでは非常に好調だった)の事故について…
当ブログで記事として取り上げてませんでしたので…
遅くなりましたが、こちらが経緯です。

omnicorse_frattura_della_vertebra_c2_per_loris_baz.jpg ★カワサキのロリス・バズがウォームアップ(9月1日午前)で転倒。サーキット内のメディカルセンターに運ばれた直後から背中に激痛を訴え、病院へ移送された。レースは棄権。

★第二頚椎骨折と診断される。

★CTスキャン検査の結果、幸い、神経系の複合症は無く、24時間の安静後、外科手術が必要か否かを判断する。

(Source:2013年09月02日 Omunicorsi 記事より抜粋)



不死身の男達 クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP