MotoGP

スズキ復活の日々:ムジェッロテスト好調終了

先週のミザノテストに引き続き、スズキが9月24〜25日にムジェッロでもテストを行なっとりました!

gpone-suzuki-mugello.jpg

★スズキがムジェッロ・サーキットで2日間のテストを終えた。

★初日、ランディ・ド・プニエが67周回を重ね、1分50秒080を記録。ノブアツ・アオキは10周のみ。2日目、ド・ブにエ選手は53周回で1分49秒260を刻んだ。
(Source:2013年09月26日 Gpone記事より抜粋)

★ムジェッロテストでド・プニエ選手が1分49秒260を記録。なお、今年のムジェッロGPでダニ・ペドロサが記録したベストラップタイムが1分47秒157。
(Source:2013年09月26日 Motociclismo記事より抜粋)


motoit-suzuki-mugello1.jpg

★ランディ・ド・プニエ選手(テストライダー)のコメント。
「各シチュエーションでの電制レイアウトに関し、かなり手を入れました。リアの・グリップに関してはもっと作業していかなければ。ムジェッロはかなり大変なコースになると思ってたんですが、この2日間、エンジニアにとって有効なデータがどっさり集まりました。これが今シーズン最後のテストなんで残念ですね…このマシンに乗るのも、チームと一緒に作業をするのも実に楽しい。もう1度乗って、開発を続けたいと思ってるんですよ。」

★ダヴィデ・ブリヴィオ氏(チームマネージャー)のコメント。
「今回もかなり頑張ったテストでした…どっさり情報が集まりましたよ。ポジティブな手応えも確認できましたね…例えば、新シャーシやエンジン、カウルね。改善すべき点も見えてきたし、作業を開始すべるあらゆる手がかりが得られました。
ランディ・ド・プニエがかなりの助けになってくれて、お陰でうちのプロジェクトの長所短所が分かり感謝してます。彼のテスト参加を許可してくれたアスパー・チームにも感謝してます。」

★サトル・テラダ氏(モトGPプロジェクト代表)のコメント。
「今回のムジェッロで欧州テストは最後です…各サーキットでテストをしてきました。今後は日本に戻り、打開案を模索し改善していきます。信頼性が得られ大変満足してます…かなり走りこんでもマシントラブルはなかったですから。」

motoit-suzuki-mugello2.jpg motoit-suzuki-mugello3.jpg

motoit-suzuki-mugello4.jpg


(Source:2013年09月26日 Moto.it記事より抜粋)




ド・プニエ選手の去就はいかに!?クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP