SBK SuperBike

SBK 初優勝:トム・サイクス本音を語る

トム・サイクス、そしてカワサキのチームの皆さん、2013年SBKライダーズタイトル優勝おめでとうございます!!
早速、サイクス選手が本音を語っておりましたぞ。Ninjaで駆る野武士と言った風体の硬派なイメージのサイクス選手ですが、実は優勝を夢見て1人でニンマリしてたんですねー。

『SBK 初優勝:トム・サイクス本音を語る』

tom-sykes-campione-del-mondo-sbk-2013-30.jpg


★カワサキのトム・サイクスがスーパーバイクで初の世界タイトルを獲得した。カワサキにとってはスコット・ラッセルが20年前に優勝して以来の事である。

★トム・サイクスが優勝を手にしたのは、2013年SBK最終戦のヘレスサーキット。サイクス選手はイギリス、ハダースフィールド出身で現在28才。最終戦では総合2位に33ポイントの差を付けてレースに臨み、レース1を3位で終了し優勝が決定した。同レースは1位がユージーン・ラバティ、2位がマルコ・メランドリ。

★レース2ではサイクス選手が前半をリードしたものの、後半はラバティ選手の追い上げにより、結局、2位でレースを終えた。総合2位のラバティ選手とは23ポイント差で新チャンピオンに確定した。

★今シーズンは9勝、表彰台18回、ポールポジション8回、最速ラップ13回。昨年はマックス・ビアッジに0.5ポイント差で破れタイトルを逃している。

トム・サイクス、コメント
「今のこの気持ちは言葉にはできません。いつもはけっこう良識がある方なんですが、マニクール戦以降は夢を見始めてしまってね。考えただけで鳥肌が立ってましたよ。世界チャンピオンに成るかもしれないって夢見るだけでうっとりしてましたね。でも、本物のタイトル獲得後の今の感じに比べると、2%程度でしたけどね。レース2では上手くやろうとは思うものの、レース1以上にやるのは難しいと分かっていたし……レース1でエネルギーの全てが尽きてしまっていたんでね。もっと上位陣に接近したかったんだが、優勝は期待してませんでした。どれだけ僕のNinja ZX-10Rが調子が良かったとしても、このレースはユージーン(ラバティ)のものだったって事でしょうね。

全てを考えれば、今日は凄くハッピーだって事です。世界タイトルと表彰台2回、そしてこの皆と一緒に走れた事が本当に嬉しいです。最後のレースでタイトルが決定したと言うのも良かったですね。特にこのサーキットは素晴らしくて、ファンも最高ですから。僕のチームはほとんどがスペイン人で、彼らにはホームレースでしたから。勝利がまだ完全に消化してる訳じゃなくて、まあこれを直ぐに消化出来るかは分からないけどね。」

(Source:2013年10月21日 Motoblog 記事より抜粋)

と言う訳でサイクス選手の履歴をざっと紹介。

2003年のブリティシュ・スーパーバイク(BSB)でデビュー。チームRizlaスズキから参戦し、同年にはスーパースポーツ世界選手権にも参戦(ブランズ・ハッチ戦、結果は12位)。
2006年にBSBで準優勝を決め、翌年にはホンダに移籍し6位の戦績であった。
2008年にはチームRizlaスズキと再契約し、3勝を挙げ4位でシーズンを終えた。この年、スーパーバイクにワイルドカード参戦デビューを果たし、初めはブランズハッチ戦、そしてドニントンパーク戦ではレース1で表彰台を獲得(2位)。このパフォーマンスがチームヤマハに評価され、その翌年にはベン・スピースのチームメイトとして同チームに迎え入れられた。

SBK参戦した最初の年は総合9位。最高順位はアッセン戦で4位と振るわなかった。一方、ベン・スピースはタイトルを獲得。
2010年にカワサキがオフィシャルチームライダーとしてサイクス選手を採用。移籍後、初年度の戦績は総合14位ながらカワサキ勢ではトップ。
2011年もポールバードが指揮を執るカワサキに残り、ニュルブルグリンク戦で優勝(アッセン戦でのクリス・ウォーカー以来5年目の事であった)。
2012年にはスーパーポール9回、4度の優勝を含む表彰台13を収めた。好リザルトながら、最後はマックス・ビアッジに0.5ポイント差で破れた。

サイクス選手は4人目のイギリス人世界チャンピオンである。歴代はカール・フォガーティ、ニール・ホッジソン、ジェームス・トーズランドらがいるが、サイクスはトーズランド同様に日本製の4気筒でタイトルを獲得。一方、他の2選手はドゥカティ2気筒であった。カワサキがスーパーバイクで優勝したのは、ちょうど20年振りで、1993年のアメリカ人ライダーのスコット・ラッセル以来のこと。

(Source:2013年10月21日 Motoit 記事より抜粋)

イタリアではレース後のテレビ番組『フォーリジーリ』にサイクス選手がツナギ姿にプロセッコ(イタリアのシャンパン)持参で登場!!
皆さんに祝い酒を振る舞っておりました。マックス・ビアッジもスタジオに居たのですが、最後まで陰に隠れて出て来ませんでしたねー。
あっ、それから今年の12月に、サイクスご夫婦にベイビーも誕生する予定だとか。いや〜おめでた続きですな♡




プロセッコでチンチン!クリックPrego

人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. yuske より:

    なんかカリスマ性のある選手が皆無で
    寂しい世界選手権ですな
    Nitro復活を望む!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP