Moto3 category

ハスクバーナ:ダニー・ケントでモト3参戦!!

ハスクバーナと言えば…今年始めから、こんな記事をご紹介してきましたが…
KTMがハスクバーナ買収か!!
ハスクバーナ売却の真相!?
ハスクバーナ:8月から生産停止
な、なんと…今度は世界選手権デビューですか!!

mediaset-husqvarna.jpg

★2014年より新たにハスクバーナが、世界選手権モト3クラスに参戦する事となった。チーム・アジョより、選手はダニー・ケント(イギリス人、下記写真)とニクラス・アジョ(フィンランド人)。

★実際に使われるマシンはKTMである。

★チームの正式名称は『レッドブル・レーシング・ハスクバーナ・ファクトリー』。

[下記写真はMotograndprixより抜粋]
motograndprix-kent.jpg


(Source:2013年11月21日 Mediaset.it記事より抜粋)


infomotogp-husqvarna.jpg

★ ステファン・ピーラー氏(KTM AG代表、上記写真)のコメント。
「ハスクバーナの世界選手権モト3クラス進出は、同クラスにとっても当メーカーにとっても有益な事となるでしょう。その110年の長い歴史のお陰でハスクバーナはモーターレース界で大変良く知られており、同モト3プロジェクトがそれを更に広めてくれる事でしょう。」

★ピット・バイラー氏(ハスクバーナ・モータースポーツ部門代表)のコメント。
「オフロードレースで大いに尽力し、いまや世界選手権モト3クラスへと進出する事は、当社にとって画期的な出来事であります。ピーラー氏およびハスクバーナ・モーターサイクルズのサポートにより、同プロジェクトは極めて熱狂的なものとなりました。彼らのために相応しい成功をもたらすべく、優秀な人材と必要なエネルギー全てを費やす所存です。ダニー・ケントをオフィシャルライダー、ニクラス・アジョをサポートライダーに配し、両選手とも大変に若く、才能豊かな選手であります。」
(Source:2013年11月21日 Infomotogp.com記事より抜粋)



★パオロ・カッルッバ氏(ハスクバーナ広報代表)のコメント。
「【将来的には本物のハスクバーナ機で参戦する?】ハスクバーナ・モト3機はKTMベースのままで行くでしょう…ゼロからプロジェクトを始めるのはかなりの時間と莫大な資金がかかるでしょうから。また、モト3でのリザルトを見れば、KTMは最も戦闘力が高い事が分かります。同マシンのパフォーマンスを上回るのは難しいでしょう。ですから同件に関し、仮説を立てはいたしません。もしかしたら双方のマシンの区別ができるよう、技術面で僅かに手を入れる事はあるかもしれませんが。

なお、現段階ではスーパーモタード世界選手権へ、再び公式参戦する予定はありません。」
(Source:2013年11月21日 Motociclismo記事より抜粋)




いやいや、そう言わず…
いずれは真のハスクバーナ機で、ねぇ!!クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP