MotoGP

ドゥカティOpen機のみでモトGP参戦か!?:ドヴィ&クラッチロー

実は昨年12月末、『Omnicorse』伊サイトでこんな見出しを見かけたんですが…

La Ducati tenta la carta “Open”nel 2014?
(ドゥカティ、2014年にOpen機の試み?)

ドゥカティが2014年に、もしかしたらワークス機なしで…
つまり、ドヴィツィオーゾ/クラッチロー/イアンノーネ選手らも含め、全選手がドゥカティOpen機で参戦するんじゃないかって記事でして。
ちょっと、ちょっと〜〜〜って感じでしょ?
まぁ、あくまでも仮定の話って感じだったんで、当ブログも取り上げなかったんですが…
それがなんと!
1月8日付けで、イタリア大手サイト『Gpone』からも、似たような内容の記事が出てきてしまいました!
しかも、2月初めのセパンテストで実際にドヴィツィオーゾ選手達がOpen機テストをしてみて、その結果、どちらにするか決めるって言うんですよ!!
んでは、ちょっと唖然とした感じのドヴィツィオーゾ選手のコメントを抜き出してみますね。


gpone-ducati-open.jpg


★アンドレア・ドヴィツィオーゾ
「何かしら決定事項があったわけではないんですが…まぁ、そう言う事です。セパンテストで僕ら(ドヴィ&クラッチロー)が(ドゥカティOpen機の)テストしてみて、どちらの道を行くか決める事になります。
現在まで(Open機の)テストは行なわれてきてますが、僕らが乗ってみた時がメインテストですから。

ヘレステストでは実際のところ、ワークス機とOpen機の違いは些細なものだったんですよ。それに、使える燃料が4リットル増しならエンジンのレスポンスも変わるって言われました…ただ、どんな風に変わるんでしょうね?試してみなければね…ポジティブな変化があるかどうか試してみなければ。試してみない事には話にならないから。

Open機がブリヂストンの最良パフォーマンスのタイヤを…さらにソフトを使えるって言うのも、俎上に上がってる点なんです。1周のパフォーマンスに関しては絶対的に有利になるが、ただ、問題は別で…つまり、レースでリズムを保ち続けるのは不可能でしょ。そのタイヤがデスモセディチ機にどれだけ合うのかを試してみなければね。」
(Source:2014年01月09日 Gpone記事より抜粋)

え〜と、今のところドゥカティではヨニー・エルナンデス選手のOpen機参戦は、はっきり決定しております。
今後、モトGPクラスではOpen機だけになる…なんて話もけっこう出てきてますから、それほど眉唾話ではなさそうですかね…




[amazonjs asin=”B00C09AYTG” locale=”JP” title=”夢やぶれて -I DREAMED A DREAM-“]
[amazonjs asin=”4864100829″ locale=”JP” title=”夢をかなえるゾウ 文庫版”]

新婚クラッチロー、ワークスの夢、危機一髪!?クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP