Results SuperBike

2014 SBK ドニントン【FP3リザルト&経緯】



[2014 SBK ドニントンパーク FP3リザルト]
sbk-2014-donington-fp3.jpg

『2014 SBK ドニントンパーク FP3経緯』

gpone-sbk-fp3-2014donington.jpg


★セッション序盤には小雨が降り、気温もだんだん下がってきていた。

★SBKドニントン戦FP3は、トム・サイクス(カワサキ)が1分27秒840で首位を獲得。唯一、1分28秒の壁を破ってみせた。

★FP2で首位だったダヴィデ・ジュリアーノが2位(ドゥカティ、+0.242)。FP2の自己タイムより0.9秒遅い。

★3位シルヴァン・ギュントーリ(アプリリア、+0.292)。上位5名の中で自己タイムを削ったのは同選手とサイクス選手のみ。

★4位ローリス・バス(カワサキ)は、16周のロングランでは1分28秒前半で15周回を走行した。第1コーナーでスリップ転倒を喫している。

★6位マルコ・メランドリは午前セッションの自己タイムより1秒速い。最終セクターではハードブレーキングで手こずっていたが、解決した模様。

★総合10位チャズ・ディビスは第1コーナーでスリップ転倒したものの(ケガはなし)、スーパーポール2へ直行できた。

★EVO機トップのニッコロー・カネパは総合11位でスーパーポール1行き。

★ミッシェル・ファブリッツィオがチーム・グリッリーニと決裂したため、代役となったブライアン・スターリングは腕を負傷し、FP2/3には参加しなかった。
(Source:2014年05月23日 Gpone記事より抜粋)


人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP