BSB

清成龍一、帰ってきたキング・キヨ:2014 BSB ノックヒル【レース映像あり】


さてさて、今年の日本勢は若手ライダーばかりじゃなく、ベテラン選手も頑張っとりますぞ♡
既に、リザルトの方はご紹介済みですが…
先日の英国スーパーバイク選手権で、みごと1位&2位を飾った清成龍一選手!
イタリアの方でも記事が出てましたんで、清成選手絡みのとこだけ抜粋してみました!!

『レース1:清成龍一、カムバック・ヴィクトリー』

bikeracing-kiyonari1.jpg


★BSBノックヒル戦レース1でリュウイチ・キヨナリが、ポール・トゥ・ウィンで久し振りの勝利を勝ち取った。なお、BSBでの最後の勝利は2011年7月スネッタートン戦レース2で、今回で44回目の白星となる。

★キヨナリ選手は今シーズンよりBMW S1000RR機を駆り、7戦目にして『キング・キヨ』の姿に戻った。

★キヨナリ選手はスタートから終始レースを支配し続け、2位シェーン・バーン(ランキング1位)に5秒近く差をつけゴールした。

★レース1での勝利によりキヨナリ選手は一気にランキング6位へと浮上し、ショーダウン圏内に突入。この後のレース2で、更に浮上する事が予想される。

[レース1映像]




2014年06月29日Bikeracing.it記事参照)


『レース2:バーンvsキヨナリ激闘』

bikeracing-kiyonari2.jpg


★BSBノックヒル戦レース2では、同選手権史上最も勝ち星を挙げている2選手ことシェーン・バーンとリュウイチ・キヨナリの真っ向勝負となり、ゴールまで続いた激闘は『シェーキー』ことバーン選手の勝利で幕を閉じた。

★両選手は2011年、HM Plant Hondaでチームメイトだった。今回でバーン選手が55勝目、キヨナリ選手が44勝目を記録した。

★バーン選手はレース1のファーステストラップにより、レース2はグリッド1位でスタート。

★キヨナリ選手はレース1同様、勝利を狙い全力疾走を試みたが、常にヘアピンカーブでミスを犯してしまった。

★ランキング順位はバーン選手が首位、キヨナリ選手は5位となった。

[レース2映像]




2014年06月29日Bikeracing.it記事参照)




[amazonjs asin=”B00L42OHPW” locale=”JP” title=”アイ・スーパーバイカーII-ザ・ショーダウン- DVD”]

管理人も忙しくって、嬉しい悲鳴〜〜〜!!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP