MotoGP

アルヴァロ・バウティスタ『アプリリアは刺激的な選択』


この間のブルノGP中に、アプリリアからの2015年オファーに対し返答しなければならない…なんて報じられていたアルヴァロ・バウティスタ選手
取りあえず、まだ発表は何もないんですが…
ご本人のコメントからすると、けっこう良い線行きまくってるって感じですかねぇ。

『バウティスタ2015:アプリリアが刺激的な選択かも』

motoblog-bautista.jpg


★2015年よりモトGPクラス参入を企てているアプリリアのロマーノ・アルベジアーノ氏(アプリリア・レーシング代表)が、先のブルノGPで次のようにコメントした。
「当初は2016年からのモトGP参入を考えていたんですが、最近、それを早める案を考えてます…来年から参入できないものかとね。日に日に、同案が定着しつつあり、どんどん実現可能に近づいていってます…現在は、最終決定まで後一歩と言う所まで来ています。計画では、現在のマシン(イオダレーシングが使用しているアプリリア・オープン機)よりも大きな一歩前進を果すこと…ニューマチックバルブでもってね。排気量はレギュレーションが許す最大のものとし、また、シームレスギアのためにテクノロジーを開発中です。
2015年機の全体的なパッケージが、サイズや重量配分と言った面での今後の前進を具現する事になるでしょう。まぁ、まだ『ラボラトリー機』なんですけどね。完全に新らたなマシン、エンジンの作業を進めており…本当に全てが新しくなるでしょう。2016年に大々的な変更があり(レギュレーションによりタイヤおよび電制システムが改変される)、うちは現在、2016年に向け来年をテストの年にするべく事を進めています。」

★アプリリアのモトGPチーム選手として、アルヴァロ・バウティスタ(現在、チーム・グレジーニ所属)が候補に上がっている。
バウティスタ選手が先のブルノGP中、『MCN』に次のように答えていた。
「アプリリアには2輪レースにおいて実に豊富な経験があり、SBK世界選手権から参入してくるわけでしょ…SBKに最高マシンで参戦していると思いますよ。スタート段階から良いベースがあるし…CRT機は、アレイシ・エスパルガロが乗ってた時から良いシャーシだなぁと思ってたんですよ。彼は実に良く乗りこなしていたし、メーカーが付いていてくれるって事はマシン開発も常に容易くなりますからね。僕としては、ワクワクするような選択なんじゃないかと思ってます。」
2014年08月20日Motoblog.it記事参照)




[amazonjs asin=”B000XGDO04″ locale=”JP” title=”19″]

で、メランドリ選手は?クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP