MotoGP

マルケス『レースの疑いが晴れた』ペドロサ『新マシンはすぐに良い感じ』2014ブルノテスト


え〜〜8月18日(月)にブルノサーキットでモトGP公式テストがありまして…
大変遅ればせながら、まずはこちらが、同テストのタイム順位表であります。

2014_MotoGP_Test__Brno_classification_1.jpg

そして、こちらがホンダ・ファクトリー組のテスト後コメントであります。

『マルケス:ブルノテストで同じセットアップで走り、レース後の疑いが晴れた』

motoblog-marquez.jpg


★8月18日にブルノサーキットでモトGP公式テストが行なわれ、マルク・マルケスが次のようにコメントした。
「今日は実に上手く行きました。凄く嬉しいです…昨日のレース後に抱いていた疑いが晴れましたから。レースでは一体何が起きたのか分からなかったんですよ…だから結局、複数の要素から昨日の結果になったのだろうと言う結論に達したんです。なぜなら今日は昨日と同じセットアップで走ったのに、最初からスピードも出て、良いリズムで走れましたから。
今朝は、今年のマシンへの作業に集中して、色々なコンフィグレーションを試しました。すぐに良い乗り心地でしたよ。それから新マシンの方のテストもして…もの凄い馬力で、最高タイムが刻めました。とにかく最高だったのは、今日のうちのペースが金曜と土曜のペースの戻ったって事です…日曜日のペースじゃなくね。」
2014年08月19日Motoblog.it記事参照)

[amazonjs asin=”B00E95706E” locale=”JP” title=”マルクスが日本に生まれていたら”]

『ペドロサ:ブルノテスト後コメント』

gpone-brnotest-dani.jpg


★8月18日にブルノサーキットでモトGP公式テストが行なわれ、マルク・マルケスが1分55秒411を記録しコースレコードを更新させた。なお、8月16日のブルノGP予選でマルケス選手が記録したPPタイムは1分55秒585。

★午後4時頃にはにわか雨に見舞われ30分ほど中断されたが、マルケス選手は計65周回を重ね、2014年と2015年版のマシンを試乗した。

★ダニ・ペドロサはテスト前日、「遅く始めて、さっさと終わらせたい」と言っていたが、前言撤回となった。
ペドロサ選手のコメント。
「朝の10時15分にはコースにいましたよ。でも、まだ5時にもなっていないけど、もう作業を終えてしまったんですよね。」

【2015年用マシンも試していたが…】
「4周走っただけです…その後、雨が降ってきたもんですから。でも、すぐに良い感じで、1ヶ月前のより手応えが良くなりましたね。マシンが進歩している…多分、コースコンディションが良いせいもあるんだろうけど。どうなんでしょうかねぇ…何かが上手く機能してるかどうか、何キロも走り込まないと分からない時もあるし、1周走っただけで分かる時もあるし。とにかく、作業はもちろん終わったわけじゃない。次のテストまでに…ヴァレンシア最終戦の翌日テストまでに改良が必要でしょうね。」

【ホンダ機にさらに改良を加えるなど無理そうだが…】
「でも、そうなんですよ。長所も短所も手を入れていかなければ。例えば、馬力のすべてを常に路面に伝え切れるわけじゃない…マシンがかなり動きますからね。それと、2014年機の方にサスペンションと電制システムの新セットアップを試してみました…今後のレースへの備えとしてね。」
2014年08月18日Gpone記事参照)

[amazonjs asin=”B00391VB5A” locale=”JP” title=”《80cc ボアアップキット》ホンダ モンキー ゴリラ 他 馬力UP! 加速UP! (ダックス)(シャリー)”]



ホンダが更に改良…溜息クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP