MotoGP

ジョナサン・レイ&スコット・レディング:未来はシルバーストーンで決まる


え〜と…ビーチサイドリーグの方なんですが…
ビッグ選手らが全員決まったところで、今度は若手選手や昇格組にスポットが当たってまいりました。
今週末のシルヴァーストーンでは、英国人ライダーらに大きく進展がありそうですぞ。

『レイ、モトGP昇格:シルヴァーストーンで決定』

gpone-rea.jpg


★現在、SBK世界選手権に参戦中のジョナサン・レイ(パタ・ホンダチーム、27才)に、2件のオファーが来ている。

★1件はチーム・グレジーニよりホンダ・オープン機を駆り、モトGP参戦すると言うもの。この場合、契約金額は大きく下がる事となる(給与も下がり、レッドブル等の個人スポンサーも離れる事となる)。

★もう1件はパタ・ホンダチームのままSBK残留。同チームは現在の契約とほぼ同額を提示しており(約40万ユーロ(約5480万円)の模様、SBK選手の中では高額)、9月7日SBKヘレス戦までに返答するよう求めている。

★シルヴァーストーンGP中にレイ選手はファウスト・グレジーニマネージャーと面談する予定。つまり、同GP後には結論を出さねばならない。

★スコット・レディングがチーム・グレジーニと交わした契約によれば、来季残留はファクトリー機に乗れるかどうかにかかっている。なお、グレジーニ氏は今週末までに、リース機の発注をホンダに出すかどうかを決めねばならない。グレジーニ氏が必要な資金を調達できなかった場合、レディング選手は他チーム(ドゥカティ・プラマック、Marc VDS)に目を向ける事となる。
なお、チーム・グレジーニがホンダ・ファクトリー機をリースしなかった場合、『Marc VDS』チームがそれを引き受け、モトGPクラスに参入してくる可能性がある。

★チーム・グレジーニがホンダからアプリリアに鞍替えした場合、ジョナサン・レイ選手のグレジーニ入りはなくなる模様(ホンダが押しているため)。
2014年08月25日Gpone記事参照)


あっ、ちなみに…
ジョナサン・レイ選手はチーム・アスパーと交渉中って話もありますな。



[amazonjs asin=”B00F2A6F0M” locale=”JP” title=”ワンナック 蛸ナベ 25g シルバー”]

引っ張りだこクリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP