MotoGP

ロッシ『僕がデビューした頃は白黒で…』、マラドーナ感謝、ヤマハ機の謎ほか:2015アルゼンチンGPこぼれ話

『2015アルゼンチンGPこぼれ話』

rossi-motoit-sapevate.jpg


★4月16日(木)の会見で、ヴァレンティーノ・ロッシが「今と昔ではライディングスタイルはどう変ったか?」と言う質問に対し、いつものジョークを交えながら次のように答えた。
「僕は必然的に走り方を変えざるを得なかったんですが…僕がデビューした頃はレース中継はまだ白黒放送でしたからね。
当然、マシンのポジションも違っていて…電制システムやブリヂストンに変ったせいもあるし…ミシュランの時は乗り方も違ってましたしね。すべて進化しましたよ…僕だけが操縦スタイルを変えたわけじゃない…全選手がそれぞれのスタイルを改良してきたんです。」

★カタール開幕戦からオースティン戦、アルゼンチン戦のすべてで、ヤマハのプライベートチームであるテック3(ポル・エスパルガロ&スミス)のマシンの方が、ファクトリーチーム(※ロッシ&ロレンソ選手)のより、直線コースで平均して速かった。
ヤマハのエンジニア陣が原因解明に努力しているが、今のところ技術的な理由は一切分かっていない。

★ブエノスアイレスなどアルゼンチン国内すべてに今回のアルゼンチンGPのポスターが貼られていたが、なかにはヴァレンティーノ・ロッシドゥカティ機を駆っている写真が使われているものもあった。

★4月16日(木)、アレイシ・エスパルガロがファクトリーチームとプライベートチームの違いについて、次のように説明した。
「比較しようがありませんね:2014年に比べ、今は全て良いし、よりプロ的なんですよ。」

テルマス・デ・リオ・オンドは人口3万弱の自治体ながらサーキット建設に投資し、今年1月にはダカールの走行区間として利用されていた。
また、3月には世界ツーリングカー選手権も開催されたため、テルマス・デ・リオ・ホンド・サーキットではピットボックスも新設し、更に小規模ながら博物館も作り、ファン・マヌエル・ファンジオ(アルゼンチンの元F1ドライバー)の遺品も展示されている。

ヴァレンティーノ・ロッシが決勝戦で優勝を決めた直後のインタビューで、喜ぶイタリア人ピット・レポーターが「ここのサーキットの名前は『テルマス・デ・リオ・ヤマハ』の方が良いですね」と言うと、ロッシ選手は「『テルマス・デ・リオ・ヤマ』ですよ!」と語尾を訂正していた。

★優勝したヴァレンティーノ・ロッシが、ディエゴ・マラドーナ元選手の背番号10のユニフォームを纏って表彰台に立ったところ、マラドーナ本人が自身のFacebookに感謝のメッセージを書き込んだ。

《本当に有り難う、ヴァレンティーノ!!! 
ヴァレンティーノ・ロッシが2015年アルゼンチンGPで優勝した。
『イル・ドットーレ』が2015年アルゼンチンGPで優勝したんだ。》

Grazie mille Valentino!!!#ValentinoRossi gana el GP de Argentina 2015.#IlDottore vince la gara della #MotoGP Argentina 2015.Valentino Rossi wins the Argentina GP 2015.#Maradona

Posted by Diego Maradona on 2015年4月19日



★ロッシ選手と交際中のリンダ・モルセッリ嬢が、4月20日、次ぎのようなツイートを出していた。

《今になって、やっと息ができるようになったわ。この素晴らしいチームに深い深い感謝を捧げます…彼がのお陰で夢を見て、希望を持ち、叫び、跳び上がることができました。貴方に感謝してます…貴方が貴方でいてくれて。貴方が属する種における唯一の存在》




(2015年04月20日『Moto.it』記事参照)
(2015年04月21日『La Gazzetta dello Sport』記事参照)
(2015年04月21日『Motosprint』記事参照)
(2015年04月19日『SKY』放送)


アルゼンチンGPでのロッシ優勝秘話など…こちらもどうぞ!

【メルマガ24号 2015年04月24日 発行】
【2015年アルゼンチンGP内輪話】

●ロッシ陣営、土曜の夜には勝利を確信!!

[amazonjs asin=”4063658015″ locale=”JP” title=”キス・アンド・ライド(1) (KC デザート)”]

感謝クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. スナフキン より:

    鬼が笑うかもしれないけど、やっぱり今年のタイトル、ロッシが獲る可能性が高くなりそうですね〜!

    勝ち星はきっとこの先、ホンダ・ヤマハ・ドゥカティで分けるだろうし、そうなればしっかりポイント稼いだ者がチャンピオンだし( ^ω^ )

    ヘイデンがチャンピオンになった年みたいな感じですね〜

    • Montagnya より:

      まだ始まったばかりだし・・・

      マルクが金曜のフリーから安定して速いのに対し、ヴァレは日曜の朝になんとか帳尻を合わせられているように見えなくもない。
      決勝を見据えたセッティングに専念しているのかもしれないが。
      接戦が続くようなら、今後は予選順位も重要になってくるだろうし。

      サマーブレーク明けに流れが変わることも良くある。

      問題は例のルール。
      ドゥカは昨年の圧倒的有利なルールを利用して、今の状態にあると考えられる。
      シーズン中もエンジン開発のフィードバックが出来る事や、サーキットでのテストが出来るのと出来ないとの差は計り知れない。
      とにかく、マシン的にはドゥカが有利なこの状態が今年も続くので予測は難しい。

      ヴァレのチームには勝って兜の・・・の気持ちで頑張って欲しい。

  2. びあっじ より:

    ニッキーがチャンピオンとった時の状況てなると、むしろドゥカティのドビーの方がチャンピオンになっちゃいそな予感w

  3. 坂本八 より:

    アルサモラ『えっ?』

  4. ぽす より:

    鬼が笑うかもしれないけど

    今年と来年で アゴスチーニの122勝

    超えられんだろ〜か

    生の時代でそういうのが見たい^^

  5. vale46 より:

    確かに最多優勝は2011Ducati移籍2013Yamah復帰したが、もう無理か???と忘れ掛けていたが、今年のVrossiの好調を見ているとか叶わない夢ではないか???と思出だしました、今後は一勝するたび記録更新に近づき勝利の嬉しさと重みを感じてゆけるな(^^♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP