MotoGP

ドヴィツィオーゾ『マシン故障はWUPでの転倒のせい?』2015ムジェッロGP

『ドヴィツィオーゾ:何をやっても上手くいかない一日』

dovi-motoblog.jpg

★5月31日(日)、ムジェッロGP決勝レースでアンドレア・ドヴィツィオーゾはしばらく2~3位を維持しながらも、結局、第14ラップでボックスに戻り、そのままリタイヤとなった。
ドヴィツィオーゾ選手のコメント。
「今日は、今朝のウォームアップでの僕のミスに始まり、何をやっても上手くいかない日でした。良いスタートを切って、トップの方にいたのに…リタイヤしなければならなくなって…リアスプロケットに異常な摩滅が出たんですよ。本当に惜しかった…表彰台争いができてただろうに…ムジェッロのレースだから、特に上がりたかったんですけどね。なによりもタイトル争いに向け、ポイントゼロだったって言うのがねぇ…そっちの方が僕としては重要だったんですが。」

★ドヴィツィオーゾ選手はこのほか、次のようにも話している。
「マルケスに付いて行って、2位争いができるぐらいのペースだったんですが…
何周か走った辺りで、変な音がし始めて…加速地点でどんどんロスしていってしまい、ほとんど操縦不可能な状態になってしまったんです。怖かったですよ…全部ブロックしてしまうんじゃないかと思って…それで、ボックスに戻りました。その時は何が起きたのか分からなかったんですが、その後、リアスプロケットだったってことが判明して…組み立ての問題ではなく、単純に欠陥品だったんです。」

★なお、ドヴィツィオーゾ選手は午前中のウォームアップでまさにタイムアタックをかけようとした時、『Biondetti』コーナー進入でフロントが切れ込んで転倒しているが、それとレースでのリタイヤは無関係とのこと。
(管理人中:この転倒直前にドヴィツィオーゾ選手が観客に向かって手を振っていましたが、転倒する少し前には両手でハンドルを握って操縦してました)
ドヴィツィオーゾ選手のコメント。
「(転倒とは)全然関係ないですよ。レースの時は、新しいマテリアルを使ってましたから…ただし、壊れてましたけどね。(WUPでの)転倒については…あれは僕が完全に悪いんですが…でも、リアスプロケットの問題とは無関係です。」

★同転倒の原因は、おそらくタイヤが冷えていたものと見られるが、この転倒のせいでレースに向けての仕上げ作業はできなくなってしまった。

(2015年06月01日『Motoblog.it』記事参照)
(2015年05月31日『Moto.it』記事参照)
(2015年05月31日『Motosprint』記事参照)
(2015年05月31日『Gpone』記事参照)

[amazonjs asin=”B00XYX40UG” locale=”JP” title=”VIRGIN DUCATI (6) 2015年 07 月号 雑誌: VIRGIN HARLEY(バージンハーレー) 増刊”]

次だ、次、次!!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. らっしー より:

    欠陥とされたリアスプロケットだけど、実はムジェッロスペチアーレのパワーに負けたのかな?
    だってムジェッロ用に特別エンジンを用意しない訳ないよねぇ。 勝ったら超盛り上がるもん。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP