Results SuperBike

2015 SBK ポルティマオ【レース2 リザルト&トピックス】

sbk-2015-portimao-race2-rea.jpg

『2015 SBK ポルティマオ レース2 トピックス』

★6月7日(日)、SBKポルティマオ戦レース2が行われた。

★レース1に引き続き、ジョナサン・レイ(カワサキ)が優勝。1分43秒前半ペースを刻み、最終ラップの最終コーナーでは片手を上げ、『ホルヘ・ロレンソ風の挨拶』もやってのけた。今シーズン14戦中10勝目で、レース1・2でのダブル優勝は4回目。
レイ選手のコメント。
「序盤、ジュリアーノが物凄いリズムを刻み続けてたんで、彼がグループをけん引するままにしておいたんです…僕の方ではブレーキングにちょっと問題もあったし。首位に立った後は、逃げ切ることができました。タイヤ関係で、うちは違う作戦にしてたんだけど…結果が出てくれましたね。」

★2位はダヴィデ・ジュリアーノ(ドゥカティ)。ケガからの復帰後、最高リザルトとなった。
ジュリアーノ選手のコメント。
「満足だけど…大満足ではないです…まだ優勝できてないんでね。良いレースでしたよ…何周もトップに立って、引っ張って。レイと勝負できるようなペースはなかったけど、(ケガから復帰し)3ラウンド目で2位ってのは良いんじゃないんですか。僕も根性入れてたし、ドゥカティの方でもポジティブな改良をしてきてくれてたし。レース1はもったいなかったけど…でも、少なくともSBKは常に挽回のチャンスがありますから。」

★3位レオン・ハスラム(アプリリア)のコメント。
「厳しいレースでしたね…序盤ラップでかなり離されてしまって…その後、好リズムが掴めましたが。あの2人に逃げ切られると、もう追いつくのが難しいから。表彰台には満足してるけど…あとはもっと改善していくことですね。」

★トム・サイクス(カワサキ)は好スタートを切り、レース大半を2位で走行していたものの、リアタイヤに問題が生じ、8位でゴール。総合順位ではチームメイトのレイ選手と124ポイント差にまで広がった。

(2015年6月7日『Gpone』記事参照)


『2015 SBK ポルティマオ レース2 リザルト』

sbk-2015-portimao-results-race2.jpg


[チャンピオンシップ スタンディング]
sbk-2015-portimao-championship-standing.jpg

[amazonjs asin=”B00PGJRP6W” locale=”JP” title=”KAWASAKI カワサキ キャップ 帽子 メンズ キャップ フリーサイズ レーシングキャップ CAP ブラック 並行輸入品 VITA803″]

ジョナサン強し!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP