BSB

2015 BSB オールトンパーク【決勝レース2・レース3リザルト&トピックス】

bsb-2015-oulton-park-race3-shakey.jpg

『2015 BSB キャドウェルパーク 決勝トピックス』

[レース2]
★9月6日(日)、ブリティッシュ・スーパーバイク選手権(BSB)オールトンパーク戦の決勝レース2が行なわれた。

★ジョシュ・ブルックス(ヤマハ)がレース2で優勝を果たし、総合ポイントのトップに返り咲いた。総合ランクの首位争いのライバル、シェーン・バーン(カワサキ)はマシントラブルでリタイアを余儀なくされた。

★2位はダニー・ブシャン(カワサキ)、3位はダン・リンフット(ホンダ)

★ポールポジションのバーン選手はスタートからレースを先導したが、2ラップ目にはブルックス選手にオーバーテイクされた。両選手はバトルを繰り広げ、後続のグループとのギャップは大きく広がった。

★バーン選手は残り2周でマシントラブルを起こし、ブルックス選手との最終ラップのバトルは叶わずレースを終えた。

★リュウイチ・キヨナリ(BMW)は12位で惜しくもトップ10ならず。

(2015年9月6日『Britishsuperbike.com』記事参照)


[レース3]
★9月6日(日)、ブリティッシュ・スーパーバイク選手権(BSB)オールトンパーク戦の決勝レース3が行なわれた。

★シェーン・バーン(カワサキ)はトリプルヘッダーのオールトンパーク戦の最終レースで見事、優勝を果たした。2位のジョシュ・ブルックス(ヤマハ)とは0.394秒の僅差であった。ブルック選手は2ポイント差のアドバンテージで次戦のアッセン戦、ショーダウンに挑む。

★3位はトミー・ブライドウェル(BMW)

★ブルックス選手は1周目から首位を保ち、優勝をしたレース2でのパフォーマンスを再現し、バーン/ブライドウェルから優勢に立った。

★7ラップ目にウインフィールド選手がクラッシュしセーフティーカーが介入。

★10ラップ目、レース再開直後にバーン選手がミスを犯し7番手まで順位を下げたが、その後順調に挽回し終盤はブルックス選手とのバトルを展開した。バーン選手は残り2周でブルックス選手をパスし逃げ切ってゴール。

★リュウイチ・キヨナリ(BMW)は10位でトップテン入り、今ラウンドは3レース全てでポイントを獲得した。

(2015年9月6日『Britishsuperbike.com』記事参照)


『2015 BSB オールトンパーク 決勝レースリザルト』

[レース2]

bsb-2015-oulton-park-race2.jpg


[レース3]

bsb-2015-oulton-park-race3.jpg


[チャンピオンシップ スタンディング]

bsb-2015-oulton-park-championship.jpg


[amazonjs asin=”477962522X” locale=”JP” title=”RACERS Volume33 (SAN-EI MOOK)”]

次はショーダウンだ!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP