MotoGP

ヴィニャーレス『スズキ・シームレスギアの第一印象はポジティブ』

『スズキ・テスト、ヴィニャーレス:シームレスの第一印象はポジティブ』

suzuki-gpone.jpg


★セパンサーキットで11月23〜24日、スズキのモトGPテストが行われ、マーヴェリック・ヴィニャーレスおよびノブアツ・アオキ、タクヤ・ツダ両テストライダーが参加し、全員、テスト結果に満足していた。

★アレイシ・エスパルガロは先週、トレーニング中に負傷し、今回のテストに参加しなかった。

★今回のテストではシームレス・ギアの他、ミシュランタイヤやワンメイク・ソフトウェア用のマシン・セッティングが試された。

★ヴィニャーレス選手のコメント。
「密度の高い2日間でした…本当に色々なものをテストし、満足してます…2016年版電制システムを試せたんで。初めて使ってみた感じはポジティブだったし、もの凄いポテンシャルがありそうな手応えでした。でも、手を入れていかなければならない事がどっさりありますね。シームレスギアも試せたんで嬉しかったです…ずい分前から待ち望んでいたし、第一印象はかなりポジティブです。コースはそこそこ汚れていたんで…つまり、がっちりプッシュすることはできなかったんですよ。でも、チームにとってはポジティブなテストになりました。冬期間の作業に向け、たっぷりデータを収集できたし、今度は2月のテストに向け準備していきます。数日後にはもうテストはできなくなるし、好感触を得てオフシーズンに突入できるのはポジティブでしょ。今後の改善に向け、大いに希望がありますから。これからはちょっと休んで、2月のテストに向け準備万端にしておけるよう新たなトレーニングを初めていきますよ。」

★ダヴィデ・ブリヴィド氏(スズキ・チームマネージャー)のコメント。
「かなり密度の高い2日間だったが、結果はポジティブでしたね。試さねばならないものがちょっとあって…そのなかに新シームレス・ギアもあったんだが、マーヴェリックの第一印象がポジティブだったんで嬉しいですよ。フレームのパーツもいくつか比較することができたし、冬季期間の開発に向け、貴重なデータの収集もできたし。2016年版ワンメイク・ソフトウェアの作業も始められたんですよ…開発チームの方では2週間前のヴァレンシアテストの時から着手してたんだが、今回はマーヴェリックにも使わせてみたんです。この分野に関しては、まだまだ作業は山積みですね。でも、出だしとしてはポジティブですよ。今回のテストは本当に重要だった…冬季期間の作業に向けヒントが必要なんでね。ミシュランの新タイヤも試したんだが、今後の作業に向け、良い解決策が見つかりましたよ。
2月にはIRTAの第一回テストで、またここに戻ってくるが…さらなる改善を目指していきますよ…特に、電制システムについてね。
あいにく、今回はアレイシが参加できなくて…でも、2月にこれらのテストができるでしょう…その時には更に改良されていると良いんだが。今回はうちのテストライダーのツダとアオキのサポートも得られ、新ソフトウェアを掘り下げ、シームレスギアを完成させるべく、かなりの周回を重ねてくれましたよ。」

(2015年11月24日『Moto.it』記事参照)
(2015年11月24日『Gpone』記事参照)


[amazonjs asin=”4532320410″ locale=”JP” title=”オサムイズム ―”小さな巨人”スズキの経営”]

幸先良し♡クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. TKM より:

    すごいなぁスズキ。
    復帰二年目で表彰台、ホントに見られるんじゃないかしら

    スズキに関してはポジティブなニュースがいっぱいで嬉しいな~

  2. 鈴菌 より:

    イイネ

  3. いたたわ万歳(浅) より:

    よかったー❤
    待ち望んでました私も。

    しかしアレイシ兄さん…。
    やっぱトレーニングといえどもどうしてもジャンプしなくちゃいけないもんなんでしょうかー。

    オフシーズンの皆さんが心配です(>_<)

  4. bb より:

    ついにシームレスミッションが投入か!!

    これでホンダ、ヤマハ、スズキ、ドカティ、の4社は、ほぼ同じ武器で戦う事になる訳だね。
    あとはアプリリアの車体がどれだけ改善されるか・・・

    KTMの参入も待ち遠しいわい。

    • TKM より:

      ほんと、楽しみですよね。スズキの問題解決のペースが早いように感じます。この調子でエンジンパワーもババーッと何とかしてもらえませんかね!

      しかし、アプリリアとスズキ、何がここまで両者の差を広げてしまったのか…
      アプリリアは来期からが本格参戦との位置付けらしいし、スズキと比べてどうなるか、楽しみだなあ

      • bb より:

        シームレスミッションは凄いお金が掛かるらしくスズキは投入しないつもりなんじゃないかと思ってたんですが、意外に早くテストが始まってビックリしてます。

        しかしミッション単体の為に年間数億円のコストとか意味が判りませんねぇ・・・
        市販車にもフィードバック不可能なものらしいし、

        レギュレーションでデュアルクラッチミッションを認めて導入した方が良いんじゃないかなぁ
        コストもシームレスミッション程は掛からないはずだし、機能的には変わらない物ができるはずなのになぁ・・・

        デュアルクラッチミッションはちょっと重量が増えてしまうのが難点ですがそこをエンジニアの創意工夫で開発すれば公道市販モデルにもフィードバックできるし有意義だと思うんだけど、なんでやらないんだろう?

        あ、スズキと関係ありませんでしたね。

  5. motobeatle より:

    スイングアームが長くなっている気がしますね。
    シームレス投入と頑張ってますね。
    でも、これがなければHYと戦えないでしょうし。
    アレイシが参加できなかったのは本人にとっても痛手でしょう。
    しかし、総合的なライダーのポテンシャルはドカよりあるんじゃないかな?

  6. 廃道愛好家 より:

    緑のメーカーも来てくれないかなー

  7. nav. より:

    スズキやる事が早いすね!
    撤退から数年、ゼロからチャレンジした結果でしょうか。
    ヤマハで20年?の経験があるブリビオの手腕も活かされたんですかね。

    アレイシはここ数年、速さを感じさせる走りをしてきたけど、期待するのはヴィニャーレスですね。

    アレイシに関しては、何となく早いけど結局開花しなかった前テスライのドピと同じ運命を辿りそうな予感です。

    • suezo より:

      ゼロから開発したV4は失敗でしたが、
      GSX-Rの流れがあるので、ゼロからではないと思いますよ。

      2017年のGSX-RでWSBが楽しみです

  8. V Twin Rider より:

    ダニとSUZUKI頑張っておくれー!!
    SUZUKIは表彰台期待してまっせ!!
    ダニは優勝!!

    • いたたわ万歳(浅) より:

      そうだそうだー!(喜

      >ダニ
      ヘレスでもコンマ2秒負けている…。
      でもテストだから気にしないっ!

      >ビニャーレスくん
      『最近の若手は速いだけでマナーが悪い』を覆して欲しい!

  9. ミン より:

    BMWもマカオ123フィニッシュとWSBKテストでのIBM王者の様子見ると、そろそろmotoGPに来て欲しいところ…

  10. 長谷川亮太@ちばけんま2-78-3 より:

    ンゴゴゴゴ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP