MotoGP

2016カタールGP【モトGP:表彰台コメント】

『2016カタールGP:モトGP表彰台コメント』

motogp-podio-2016qatar.PNG


★3月20日(日)、カタール戦 モトGPクラスの決勝レースが行われた。

★優勝ホルヘ・ロレンソ
「リアタイヤの選択が鍵となりました。ウォームアップ後、柔らかめタイヤの感じが実に良かったもんだから…マルケスもロッシも固めにしてましたけどね。固めはフィーリングがイマイチで。だけど、20週目で1分54秒9を出すなんて驚異的ですよ。
もちろん、2016年シーズンを勝利で始められて幸せです。ヤマハ機はパフォーマンスの高さを証明しました。でも、スピード面ではイマイチでしょ。ここやセパンのように直線コースが長いコースでは、ドゥカティが確実に一枚上手ですね。」

★2位アンドレア・ドヴィツィオーゾ
「最終ラップでマルク(マルケス)を負かすのは容易なことじゃなかったですね。タイヤも終わってたし。とにかく抜けはしたけどね。第1コーナーで抜いて、ラインを塞いで。最終コーナーまで挑んで来るだろうってことは分かってたし…(マルケスが)膨らんだ時に抜き返してね。うちのエンジンに助けられましたよ。この数カ月間でやってきた事に満足してます。対処して、この結果が得られたってことが間違いなく重要だから。
2015年シーズンは苦労の締めくくりになってしまったけど…とにかく、前に進めました。再スタートを切ってね。当然、まだ始まったばかりで、シーズンは長いから。でも、手を入れていくベースはできてるんで。今日は娘にトロフィーをお土産に持って帰りますよ。」

★3位マルク・マルケス
「本当に難しいレースでした。加速でロスしてしまうし。(最終ラップで)最後のチャンスがあるとは分かってたけど、もし最終コーナーで抜いたらゴール直前で抜き返されるだろうなぁと思ってました。挑んでいったら、僕が膨らんでしまって。今日、完璧なレースをするとしたら、2位ってところじゃないんですか。タイトル争いに向けて16ポイントは貴重ですよ。これからは、うちにとって得意なコースでのレースだし。
新たなシーズンを始めるには重要なリザルトが取れました。チームと共に、大きな一歩を進めましたね。」

(2016年03月20日『Gpone』記事参照)
(2016年03月20日『Moto.it』記事参照)
(2016年03月20日『Mediaset』記事参照)

[amazonjs asin=”B015IY0EHQ” locale=”JP” title=”ヤマハ(YAMAHA) ホルヘ ロレンソ 99 X YAMAHA FACTORYRACING キッズベースボールキャップ ブルー 99&YZF-M1ロゴ サイズFREE”]

百聞は一見にしかずクリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. Buell より:

    結局いつものメンバーが優勝争いする事になりそうですね

  2. motobeatle より:

    今回のロレンゾの走りを見て、ヤマハとしても彼には是が非でも残留してもらわないと困るでしょう。
    ロレンゾとしてはヤマハに更なる待遇アップをするのかな?

    ドビィは今回本当によくやったと思います。
    気迫と執念を感じました。

    しかし重ねがさね言うけど、あれ程テストでメタメタだったホンダが土壇場でここまで上げてくるんだから本当に凄い!
    ダニの5位だって、そんなに悪くはないし。

    ロレンゾの好調とホンダの復調。
    これを一番警戒し更なる気合いを入れてかないといけないのは、やはりバレンティーノロッシでしょうね。

    • maxtu より:

      テストで不調だったHONDA勢は仕上げてきたと思いますが、それだけにイアンノーネが最後まで走っていれば?と思ってしまいます。
      イアンノーネはスピードもあったし、ミスが無ければマルケスの表彰台は無かったかも知れませんよね。

      さすがに不調HONDAでもDUCATIのサテライト勢に本番では遅れを取れないから、DUCATI、SUZUKIのワークス勢の前に出て、初めて王者ロレンソへの挑戦権が得れる仕上げになるんじゃないでしょうか。

      まぁ座談会でも出てましたがロサイルは特別なコースらしいのでヨーロッパラウンドでの戦闘力でハッキリするかも知れませんね。

  3. maxtu より:

    >ヤマハ機はパフォーマンスの高さを証明しました。でも、スピード面ではイマイチでしょ。ここやセパンのように直線コースが長いコースでは、ドゥカティが確実に一枚上手ですね。

    微妙な時期に微妙な発言だ(笑)

    • motobeatle より:

      まさにロレンゾの観察通りじゃないですかね。
      ドカは、昨年同様直線番長マシンを脱していないように見えました。
      コーナーの進入が遅いw
      ノネは昨年バレンシアでも似たような転倒をしてます。
      昨日の走りを見ても転倒前からコーナーでラインが膨らみぎみで、コントロールしきれてないように見えました。
      やっぱりフロントに荷重をしっかり掛けれない&感触が希薄なのでしょう。
      ヨーロッパラウンドでドカが速いか疑問です。

      • maxtu より:

        先に訂正です。
        去年のロサイルのリザルトみるとイアンノーネ3位でしたね。(^_^;)
        今年は6位にヴィージャが入った以外は順位の変動こそあれ、おなじ面子…
        イアンノーネの走りを見て成長を感じてましたが…大変失礼しました。

        ロレンソの走りは際立ってたけど、それ以外は例年どおりでSUZUKIとヴィージャ台頭があった、ぐらいの変化でしたね。

  4. ヤマハ より:

    次回からは路面温度も上がってくるからホンダとドカには厳しいでしょうね。

  5. 774R より:

    普通に今回の結果はタイヤコンパウンドの選択の良し悪しでしょう。
    2位から4位までのゴール時のタイム差がほぼ無い事からもマシン差は僅かだと思われます。
    イアンノーネのフロントからの転倒をグリップが希薄だからと取るかは個人の主観で変わるでしょう。
    私はイアンノーネのスリップダウンは逆にフロントに信頼が置けるが故の限界突破とみます。
    じゃないとレースタイムが昨年より7秒も縮まったんですから…。

    • Montagnya より:

      タイヤ選択の差、イアンノーネの転倒理由共、同感です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP