MotoGP

ロレンソは疑問点を解消してくれる:ジジ・ダッリーニャ

『ダッリーニャ:ロレンソは各種疑問点を解消してくれる』

dalligna1.jpg


★ホルヘ・ロレンソのドゥカティ移籍が公表され、ジジ・ダッリーニャ氏(ドゥカティ・ゼネラルディレクター)が次のように語った

【なぜロレンソ選手を獲得したかった?】
「チャンピオンライダーと言うのは多くの疑問点を解消してくれるものでね。ジョルジョ(※『ホルヘ』のイタリア語版)のように5回タイトルを獲得したライダーなら、まだ存在するかもしれない最後の言い逃れを払拭してくれることでしょう。我々は勝つために世界選手権に参戦しているのであり、それが可能かどうかを証明するには、ジョルジョは適任者ですね。」

【ロレンソ選手が250cc時代、貴方と組んで総合優勝していると言う事実も契約締結の後押しになった?】
「ライダーと技術陣の関係と言うのは常に重要なものでね。彼も私も過去にどれほどのことを成し得たかについては覚えているし、お互いを高く評価し合ってますよ。(過去の実績も)助けにはなっただろうが、ここ数年のうちの進み具合の方が重要でしょうね。」

【実際、デスモセディチ機はすっかり新しくなって…】
「マシンは根本的に変わりました。以前よりかなり操縦しやすくなっているし、私が(ドゥカティに)入った頃に比べると『粗野な』な感じがかなりなくなりましたね。エンジン面にもトップスピード面にも長所があり、実にバランスが取れている。」

【ロレンソ選手はドゥカティ機に適合できそう?】
「ジョルジョは完全に自分のライディングスタイルを持っていて、通常、コーナー旋回時のスピードは群を抜いているでしょ。レース用マシンと言うのはかなり調節が効くものなので、絶対に彼のスタイルに合わせていけるような方法が見つかると信じてます。そして、ライダー自身もマシンを掌握し、コントロールできるようにならないとね。」

【あとはロレンソ選手のチームメイトがドヴィ&イアンノーネ選手のどちらになるのか…】
「現在、検討中です。この数年間、両選手とも実に大きな働きをしてくれているし、こうして進んでこれたのは彼らのお陰でもありますから。検討し、おそらく早々に…バルセロナGP(※6月5日開催)辺りでどちらになるか分かると思いますよ。」

(2016年04月19日『Gpone』記事参照)


[amazonjs asin=”B000FQU90A” locale=”JP” title=”ホーユー メンズビゲン ワンプッシュ 7 (ナチュラルブラック) 40g+40g”]

新生ジョルジョ誕生クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. 鈴菌 より:

    「おそらく早々に…バルセロナGP(※6月5日開催)辺りでどちらになるか分かると思いますよ。」

    結構早いな。
    既に方向性は決まって来てるとしても、次戦以降の数戦でチームメイトに差をつける結果が残せれば逆転残留の可能性もあって欲しいところ。

  2. motobeatle より:

    >まだ存在するかもしれない最後の言い逃れを払拭してくれることでしょう。

    この言葉は重いですね。
    自身を追い込んでいるようなものでしょう。
    そして、今のマシンに自信もあるのだろうと。
    今週からのヨーロッパラウンド、GP16がどのような走りをするか注目してます。

  3. BREIL より:

    残り一つのシート問題はバルセロナGP辺りまでハラハラしないといけないのか…

  4. ステカセキング より:

    よーし、今年はドヴィとイアンノーネを全力で応援しまっせ〜!
    目指せ優勝!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP