MotoGP

『ホンダはマルケスのためだけでなく全選手のためにマシンを改善してるいる』リヴィオ・スッポ

『スッポ:ホンダはマルケスのためだけでなく全選手のためにマシンを改善してるいる』

livio-suppo-2016.jpg


★2016年シーズンのホンダ機はワンメイク電制システムのせいもあり不調と言われているが、ライダーとして成熟してきたマルク・マルケスが常に冷静に、あるものをフル活用させ、現在、後続に大きく差をつけて総合首位についている。

★リヴィオ・スッポ氏(ホンダHRCチームマネージャー)が、スペインサイト『AS』に次のように語った。

【マルケス選手のメンタリティの変化については…】
「エミリオ・アルサモーラ(マルケス選手のマネージャー)がマルクに何度も何度も言って聞かせたからなのでしょう(笑)。確かにマルクは自分自身について理解してきましたね。なかなか賢い若者ですよ。去年、自分がリスクを冒しすぎたと言うことを良く分かってます。ここ2戦は、かなり頭脳的な走りを見せてましたね。特にアッセンはそうでした。ミラーを前に出した方がいいと言うことを理解してましたね。現在、大きく引き離していられるのは、まさにこのメンタリティの変化のおかげです。」

【アッセン戦後、アルサモーラマネージャーは『マルケスにはホンダの助力がもっと必要だ』と言っていたが…】
「まぁ、そう言う見方をするのは当然だろうが、ホンダは今も作業を進めているところですからね。マシンは良くなるでしょう。ペドロサのためにもそうしなければ。なかなか厳しい時期に突入しているから。」

【ペドロサ選手の不調については?】
「ここ2戦は良かったですね。ムジェッロではコースレコードに迫っていたし、バルセロナは速かった。(優勝した)ロッシに6秒差だったでしょ。マシンが完全に悲惨な状態だったら、こんなことはできませんよ。」

【ペドロサ選手はバルセロナGP後、『ホンダはマルケスの指示に従ってマシンを作っている』と言っていたが…】
(メルマガ関連記事:【2016年6月14日 発行 Vol. 96】2016バルセロナGPまとめ その3 ホンダ 2016バルセロナテスト:リザルト&トピックス)
「ホンダの選手全員がエンジンの馬力を抑えるよう希望し、ホンダではその指示のもとにエンジンを作ったんです。ヘレスでエンジンの比較テストをしたものの、電制システムにけっこう問題が出てしまってね。ただ、ペドロサのようなライダーが『エンジンに問題がある』と考えるのも、マルクの方が強いのはエンジンが彼向きだからだと考えるのも当然でしょう。しかしね、エンジンはきちんと機能しているだろうし、もしそうなら、全選手にとって同じことでしょう。ホンダは全選手のためにマシンを改善しようとしてるのであって、マルクのためだけではありませんよ。」

(2016年06月29日『Motoblog』記事参照)
(2016年06月29日『AS』記事参照)


ミラー選手に勝利を譲ったマルケス選手の心情や、ショートカット練習の経緯など、詳しくは下記のメルマガでどうぞ。
7月31日までに『まぐまぐ』登録すると無料で読めますよ。
note』なら『Vol. 98』だけとか『Vol. 99』だけとか、1回分100円(外税)で読めます。それから、プリペイドカードも利用できますよ。

【2016アッセンGPまとめ その3 ホンダ】[2016年07月05日 Vol. 99
●マルケス甘んじる:レースの鍵は『落ち着き』
●マルケス:最終シケイン、ショートカット練習『万が一に備えて…』

[amazonjs asin=”492525393X” locale=”JP” title=”マンガ 歴史人物に学ぶ 大人になるまでに身につけたい 大切な心1″]

大人になった恐ろしい子…クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. いたたわ万歳(浅) より:

    スッポさんが『エンジン開発の規定について』個人的にボヤいていたと言う話も目にした様な気がするしホンダさんにも悪意があるとは思わないですけど…。

    シーズン後半に良くなる印象がある(宮城さんも『あの人はセッティングに時間がかかるんだよ~。』と気軽におっしゃっていた)んでテストの回数についてもボヤいてみて欲しいてす(^_^;)

  2. Masa より:

    急に老けてきたな。マシンもだけど体調もよくないんじゃないかな?

  3. テック21 より:

    なんと言うか、ホンダの関係者のコメントはこんな感じなのが多いですね。ミラーが優勝しても、何も変わらないと言ったり、マルクがここまで健闘しているのに、マルクだけの為にマシンを開発してないとが…。本当のことを言っているんだろうし正論ですけど、ライダーからしたら活躍した分少しでもクレジットが欲しいもの。スッポさんはイタリア人だけど、メンタリティは完全に日本人ですね。謙虚に、平等に… そして、ライダーはあくまでも巨大なモトGPプロジェクトの1パーツに過ぎないこと。少なくとも表面上はそういった哲学を表現しています。実に日本的ですが、ミラーをに対しては、素直に称賛したらいい話だし、マルクに関しては、一番強い選手の意見をより聞くくらいの事は言ってもいいと思います。 ブラドルのこともボロクソに言ってましたし。 結果が全てのモトGP、スッポさんがなんと言おうと契約の方向性は変わりません。だから表面上は称賛する。結果はちゃんとやってくるわけです。なんか好きになれないですね。ヤマハはその点ライダーを立てます。が、繰り返しになりますが契約するのはヤマハもホンダも一流ライダーのみ、つまり同じです。まさにそれが理由でバレンティーノは移籍したんでしょうね。普通のライダーはホンダの方針に甘んじるしかないが、バレンティーノは違った。マルクは… あまり綺麗事、正論を言ってると足元すくわれますよ! スッポさん!(^^)

    • ミン より:

      ヤマハは最近ロレンソさんが平等過ぎるの嫌ってドカに行った気がするんですが…

    • MISAMARI より:

      マルケスが・・・そういう可能性もあるんですよね。
      たとえホンダさんがいいマシンを作り続けたとしても。
      そしたらその時彼はどこを選ぶのかというのも、興味深いところです。

  4. どノーマル・歩 より:

    ホンダとはぜんぜん関係無いが
    この長いインターバルのせいか?チャンピオンシップ自体が
    どうでも良くなって来てる。ロッシの転倒もずっと前に
    見たような気がしてならないから何故か気にもならなくなってる。
    GPシーズン中なのにレースを見れないジレンマは何なんだ!w

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP