Moto2 category

スッター、モト2撤退

『スッター、モト2撤退』

aegerter-suter.jpg


★2016年にモト2に復帰したスッターが、本日、再び同クラスより撤退することを発表した。

★スッターは2017年、『Kiefer』および『Dynavolt Intact GP』の2チームにマシンを提供し、ミザノ戦ではドミニク・エガーターが優勝を獲得していた(ただし、その後、規定外オイル使用により剥奪)。

★『Kiefer』チームは2018年に向け、スッター機の使用を取りやめた(※KTMに乗り換え)。
これによりエスキル・スッター氏(スッター・レーシング・テクノロジー代表)は、こうコメントしている。
「2台しかマシンを出せないのでは、戦力的に言って、今後のチャンピオンシップ参戦は妥当とは言えないでしょう。」

★なお、『Dynavolt Intact GP』チームは2018年、カレックス機に戻す予定。

★スッターは今後、キアヌ・リーブスが設立した『Arch Motorcycle』と組み、2ストローク500cc制作プロジェクトに従事する予定。

(2017年11月24日『Gpone』記事参照)


ロッシ選手の愛用の腕時計とか、マルケス選手が自宅にプライベートジムを作った話とかは、『note』無料閲覧!!

[amazonjs asin=”B01BHBT7MC” locale=”JP” title=”ジョン・ウィック(字幕版)”]

[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

POSTED COMMENT

  1. TKM より:

    ええええぇ

  2. Tak より:

    まぁでしょうね。
    今年ですらエガーターが新しい部品がまったく来ないって言ってたくらいですから。

  3. チンチラ より:

    正直本文は興味無いニュースだけど、最後の3行、聞き捨てならない・・・。
    マジか・・・まじスカぁぁぁ!!!

    高いんだろうなぁ・・・

  4. vtr1000f より:

    何故帰ってきたし!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP